訳ありこそ至高なんだ

私たちの身の回りには様々な「訳あり」が存在します。訳ありな人、訳ありな物、話など取り上げればきりがないほどです。

しかし、私たちは多くの訳ありに対して無関心で、諸事情のあるものより優れたもの、問題の少ないものに関心が向きます。その反面、ワケアリな物事から逃げられない場面に遭遇することが少なからずあるのも事実です。

身の回りにあふれる「ワケアリ」

多くの人は訳ありな事象に対して気づくことが少ないものです。いや自然に目をそらすことが多いことでしょう。

そんなワケアリと素直に向き合ってみようというのが当サイトの試みであります。

まずは様々な訳ありと向き合うために訳ありの類型について考えてみることにしましょう。

訳ありなコト

多くの訳ありを語る前に、そもそも訳ありとはどのような事をさすのか考えてみよう。

一般的に見て正常な状態ではないことが訳ありか?と言えばそうで無いような気もします。

正常ではない状態ではあるが、個々の名称や事柄に対して直に特記するのが望ましいとも言えず、かつ当事者や関係者には「こっそり」その態様を説明すべきなコトを「訳あり」と称する。

分析すれば、このような解釈になるのではと考えますがいかがでしょう。

訳ありなモノ

訳ありな物(不良品)

様々な訳ありな事柄のうち「物」に対して訳ありであると言われる場合、それは、おおよそ不良品のことを刺すと考えて間違いないでしょう。

今回、このブログを立ち上げるに当たり主に取り上げたかったのは「訳ありなモノ」についてです。

根が貧乏性なのか、ついつい訳ありな物(ジャンク品)、に手を出してしまいます。

ここにネタが存在したというのが正直なところです。

こっそり訳あり(素性など)

あまり大きな声では言えない訳ありに離婚歴などがあります。バツイチのことですね。諸事情ということで必要により本人や他人から、あっさりと説明されることになる事象ですね。

それに対して小さな訳ありとは、ちょっとした性癖や変わった趣味などを持つ人にが当てはまることでしょう。

訳ありだから楽しい

訳ありとは、事柄に変化があった。あるいは少なくとも人とは違う様態であると言えることでしょう。

「普通の人生なんて楽しくない」などというセリフをよく耳にしたりしますが、それを口にする側に悲壮感が漂っていたり焦りが見えるのはあまり良いことではありません。

訳ありというとイメージ的にマイナスな感じもしますが、よく言えば他人とは違う特徴を持っているとも言えます。

訳ありな事態に陥ってしまった場合、沈み込んでしまうまえに自分の置かれた状況を冷静に分析し対応策を講じていく必要があります。

ポイントは、マイナスイメージが他人にオモシロ可笑しく写る工夫をすることでしょうか。
不測の事態に直面してしまったとき事故やトラブルに巻き込まれたとき、自分一人で悩み込んで鬱々としてしまうのは良くありません。だからといって、他人に正直に打ち明け重荷を分担させてしまうのも考えものです。

用は、自身に降りかかってしまったワケアリな事象を、周りの人に負担をかけず上手に吐き出してしまうことができれば良いのです。

具体的な例を問われると返事には困ってしまいますが、そこはこのサイトを運営しながら解決していきたいと考えています。

最もわかりやすい例え言葉は「そんなもの(わけあり)は笑い飛ばしてしまえー!」てなところでしょうか。

訳ありあっての充実した日々、そんなライフスタイルがあったらきっと楽しいことでしょう。

訳ありこそ至高です。

正規化された URL:

 

Debian10bustarへphpMyAdminをインストール

動作未確認で入手したShuttleのベアボーンPC XS-35V2にOSとしてDebianを導入したところです。

デスクトップPCとしては頼りないハードウェア仕様なので、動作テストの意味でMariaDBとphpMyAdminのインストールに挑戦してみました。

Debian10(buster)は32bitを入れています。また、phpMyAdminは当記事に記載したインストール方法では実用に不足している部分があり適しません。

PHPとMariaDBのインストール

WebサーバーはOSのインストール時に設定をしていましたので導入済み。ここではPHPとMariaDB(MySQL)のインストールから入ることにします。

$sudo apt update

最初にapt updateを実行しておきます。

PHP

$sudo apt install php php-dev php-fpm php-gd
$sudo apt install php-mysql php-mbstring
$sudo apt install libapache2-mod-php7.3

ここまで実行した段階でテスト用にphpinfo.php等の作成したテストファイルが表示可能。

$sudo a2enmod proxy_fcgi setenvif
$sudo a2enconf php7.3-fpm

ここの「7.3」はバージョンにより書き換えます。

$sudo systemctl restart apache2

ここまで終わったところでまとめて再起動。

データベース

$sudo apt install mariadb-server mariadb-client

MariaDBは以上の操作だけで済ませました。

phpMyAdminを手動でインストール

リポジトリを使わずに手動で/uer/share/へインストールしますが、他に/var/lib/や/etc/へもphpMyAdminに必要なディレクトリ(ファイル)を配置する方法をとりました。

$sudo wget https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/5.0.4/phpMyAdmin-5.0.4-all-languages.tar.gz

phpMyAdminの公式サイトからtar.gz形式のファイルをダウンロードします。(2021年1月現在phpMyAdmin-5.0.4-all-languages.tar.gzのファイル名でダウンロード可能)

以降、phpMyAdmin-5.0.4-all-languagesはダウンロードされたファイル名に置き換えて適用します。

$sudo tar xvf phpMyAdmin-5.0.4-all-languages.tar.gz

ダウンロードしたファイルを解凍。

$sudo mv phpMyAdmin-5.0.4-all-languages /usr/share/phpmyadmin

解凍してできたディレクトリを/uer/share/へ移動してリネーム。

$sudo mkdir -p mkdir -p /var/lib/phpmyadmin/tmp

/var/lib/phpmyadmin/tmpディレクトリを作成。

$sudo chown -R www-data:www-data /var/lib/phpmyadmin

Apacheで/var/lib/phpmyadminを書き込み可にする。

$sudo cp /usr/share/phpmyadmin/config.sample.inc.php /usr/share/phpmyadmin/config.inc.php

サンプルを利用してconfig.inc.phpファイルを作成。

$sudo vi /usr/share/phpmyadmin/config.inc.php

次に該当する記述を編集します。

$cfg['blowfish_secret'] = ''; /* YOU MUST FILL IN THIS FOR COOKIE AUTH! */

=の次のシングルクォーテーションの中に32桁のパスワードを記述。

例:$cfg['blowfish_secret'] = '123456789012345678901234567890ab';

次に/* User used to manipulate with storage */の見出しが付いた部分の編集が必要です。

/* User used to manipulate with storage */
// $cfg['Servers'][$i]['controlhost'] = '';
// $cfg['Servers'][$i]['controlport'] = '';
//$cfg['Servers'][$i]['controluser'] = 'pma';
//$cfg['Servers'][$i]['controlpass'] = '';

下の2行のpmaとpmaのパスワードのコメントアウトを外して編集しますが、今回はテスト環境でログインできれば良いのでこの作業を省略しました。

config.inc.phpファイルの編集

そのまま下にスクロールして/* Storage database and tables */の見出しの下のコメントアウトを全て外す(20行ある)。

最後にファイルの一番下に次の記述を追加する

$cfg['TempDir'] = '/var/lib/phpmyadmin/tmp';

$cfg['TempDir'] = '/tmp';だけの指定だと/usr/share/phpmyadmin/を参照しそうなので、このように記述しましたがエラーが出たら修正することにします。

$sudo mysql_secure_installation

mysql_secure_installationを実行。

mariadb.com

mysql_secure_installationは全部英語ですが、MariaDBのサイトに日本語の解説がありました。

最初に空でEnter、あとは全てyにしています。

$sudo vi /etc/phpmyadmin/apache.conf

/etc/にもphpmyadminディレクトリを作成しapache.confファイルを作成します。

apache.confファイルは新たに作成する必要ありますが、今回はphpMyAdminへのログインまでのテストをしたいため以下の通り簡易なもので済ませました。


# phpMyAdmin default Apache configuration

Alias /phpmyadmin /usr/share/phpmyadmin

<Directory /usr/share/phpmyadmin>
    Options SymLinksIfOwnerMatch
    DirectoryIndex index.php

    <ifmodule mod_php5.c>
        <ifmodule mod_mime.c>
            AddType application/x-httpd-php .php
        </ifmodule>
        <FilesMatch ".+\.php$">
            SetHandler application/x-httpd-php
        </FilesMatch>
    </ifmodule>
</Directory>

※一部<>などを全角で表示しています。

Apacheのapache2.confに作成したapache.confを読み込む記述をします。

$sudo vi /etc/apache2/apache2.conf

最下行に次の一行を追加し保存します。

Include /etc/phpmyadmin/apache.conf
$sudo service apache2 restart

ここでApacheを再起動させ、ブラウザのアドレスバーに127.0.0.1/phpmyadminと入力するとphpMyAdminのログイン画面にアクセスでます。

phpMyAdminは手動でのインストール後にログインできないケースが多いため、次のように一例として新規にユーザーnew-userを作成しパスワード12345でログインを試みました。


$ sudo mariadb -u root
MariaDB [(none)]> CREATE USER 'new-user'@'localhost' identified by '12345';
MariaDB [(none)]> GRANT ALL ON *.* to 'new-user'@'localhost' WITH GRANT OPTION;
MariaDB [(none)]> exit;
$ sudo systemctl restart mariadb

ここで作成したnew-userでログインできれば、phpMyAdminでrootのパスワードを変更したり新しいユーザーを追加できます。

引き続きエラーが出てログインができない場合は、再度MariaDBのコマンドラインからrootのパスワードを削除するなどを試します。


$ sudo mariadb -u root
MariaDB [(none)]> set password for root@localhost=password(''); MariaDB [(none)]> exit;
$ sudo systemctl restart mariadb

正常にログインできることが確認できたらnew-userに与えた権限やrootのパスワードを適正に編集し直します。

また、簡易に済ませていたapache.confファイルを自分の環境に見合った内容に仕上げます。

Debian10でインストール後の設定

OSによってはインストール後に済ませておきたい初期設定があります。

Debian10(32bit版)では、インストール後に日本語環境は設定されているようです。

他に環境設定したいと考えaptコマンドを実行しようとしたら、インストールに使用したDVDメディアを挿入するようにメッセージが出ました。

aptコマンドでDVDを参照しない設定

ハードウェアの利用条件によっては、OS導入後のアプリケーションの追加に光学ドライブを使いたい場面もあることでしょう。

しかし、昨今ではネットワークに接続されていることが前提のような操作性は、他の多くのLINUXディストリビューションでも共通のように感じます。

そこで、次の通り/etc/apt/source.listを編集しaptでDVDドライブを読みにいかない設定をします。

# vi /etc/apt/source.list
#deb cdrom:[Debian GNU/Linux 10.7.0 _Buster_ - Official i386 DVD Binary-1 20201205-12:47]/ buster contrib main

dvd cdrom:[Debian GNU/Linux・・・・・の行頭に#を挿入しコメントアウトします。[ ]内はインストールに用いたイメージによって異なります。

これで、初回の$ sudo apt updateで光学ドライブを要求されなくなりました。

GUI環境にrootでログイン

今回、ハードウェアへDebianをインストールする際に、記録としてインストールの手順をスクリーンショットで保存していましたが、ドライブへ保存したpng画像データがroot権がなければ表示すらできません。

エンジニアの方ならコマンド操作で、画像ファイルをユーザー領域に取り出せたりするのでしょうが、普段からグラフィカル依存のユーザーには気が重い作業だったりします。

非推奨とされていますが、Debian10のGUIでrootにログインするためには/etc/pam.d/gdm-passwordを開いて編集します(編集前にファイルをバックアップ)。

# vi /etc/pam.d/gdm-password

次の記述を#でコメントアウト。

auth	required	pam_succeed_if.so user != root quiet_success

これでGUIのログインでユーザー名にrootが使えるようになりました。

ちなみにインストール画面のスクリーンショットは/var/log/installerへ保存されています。

rootでのログインは非推奨なので他に必要に迫られることがなければ元通りに戻しておくことにします。

Debian10(buster)32bitインストールShuttleベアボーンXS-35V2

AtomCPU搭載のベアボーンPC Shuttle XS35V2にLINUXのDebianをインストールしました。

メディアはDVD-ROMからで32bit版のGUIを使っていますがUSBメモリでも、ほとんど同じ操作で実行できるでしょう。

インストールの流れ

今回、OSインストールに使用したのは公式からダウンロードしたインストールイメージは「debian-10.7.0-i387-DVD-1.iso」です(2021年1月現在)。DVD用イメージのFullにはDVD-1からDVD-3までありましたが、DVD-1を使っています。

cdimage.debian.org

isoファイルをダウンロードしたら、WindowsPCを使ってディスクに書き込み起動可能なDVDディスクを作成しました。

XS35V2のBIOSで光学ドライブからのBOOTが可能な状態に設定しDVDディスクからBOOTさせます。

ここではモニタ、キーボード、マウスとLANケーブルを本体に接続した状態です。

使用する言語の設定

Graphical Installを指定

インストーラが起動するとメニューが表示されるのでGraphical Installを選択しました。

日本語を指定

言語の選択が表示されるので日本語を指定。

場所の選択

続いて地域の選択で日本。

使用するキーボード

利用するキーマップは日本語キーボードを選びます。

入力が済むと「CDからインストーラコンポーネントをロード」と表示され読み込みが開始します。

ネットワークの設定

RTL8192のメッセージ

ネットワークハードウェアの検出でWifiのファームウェアファイルが必要とのメッセージがでますが、ここは「はい」で進めないので「いいえ」にしています。

プライマリネットワークインターフェイス

プライマリネットワークインターフェイスの画面で有線とWiFi(無線)の両方が表示されたのでWiFiを指定。

ちなみに今回は有線LANは接続せずにWifiだけでインストールしました。

先の画面ではWiFiが使えないのかと不安になりましたが無事検出されています。

Wifiアクセスポイントを選ぶ

アクセスポイントが自動検出されるのでインストールに使うアクセスポイントを指定。

無線接続の規格を指定

アクセスポイントの認証に使われる規格(WPA/WPA2)を選びます。

パスワードの入力

接続のためのパスワードを入力。

ホスト名の入力

続いてホストの入力ですがデフォルトでdebianとなっているのでそのまま進みました。

ドメイン名の指定

ドメイン名も自宅用ですので自由に指定。

ユーザー情報の入力

rootパスワードの設定

ユーザーとパスワードのセットアップに移るのでrootのパスワードを入力します。

ユーザー名(フルネーム)の設定

ユーザーのフルネーム(本名)を入力して下さいとでます。ここは本格的に運用したい場合は識別可能な名前を入力します。

ユーザー名の指定(小文字で自動入力)

こちらのアカウントのユーザー名は本名で大文字を使った場合、その文字列が小文字で自動入力されています。別途、任意に指定する場合も小文字でなければなりません。

ユーザーパスワードの設定

ここで指定したユーザーパスワードが通常のログインで使われます。

ディスクパーテーションの設定

パーテショニングの方法

パーティショニングの方法では一番上のディスク全体を使うを指定しました。

最大の連続空き領域

ディスクによって表示される場合がある パーティショニングの失敗

使用するディスクによっては「最大の連続空き領域を使う」との選択肢が表示されますが、これを選択したら「パーティショニングの失敗」と表示されました。この場合は戻るを押して「ディスク全体を使う」に指定し直します。

SSDを指定

パーティショニングするディスクの場所はSSDを選びます。USBからインストールしている場合はUSBも表示されるので注意が必要。

すべてのファイルを一つのパーテーション

パーティショニング機構も本格的な運用の予定はないので分割はしないでおきました。

変更の書き込みを選択

パーテーションの構成を確認し「パーティショニングの終了とディスクへの書き込み」を指定して進みます。

書き込み実行前の確認

「ディスクに変更を書き込みますか?」と初期化前の最終確認をされるので再確認した後に「はい」で決定します。

DVDの検査

パッケージマネージャの設定の設定で「別のCDやDVDを検査しますか?」と出ますが他には準備していないので「いいえ」で進みました。

ネットワークミラーの選択

Debianのネットワークミラー

ネットワークミラーを使いますか?については無難に「はい」で良いでしょう。

地域(国)の選択

Debianアーカイブミラーの国も特に目的がなければ自分の居住する国にします。

地域(国)の選択

中ほどにあるdeb.debian.orgがお勧めのようですが混みあわないか心配。

プロキシ情報

HTTPプロキシの情報については特にないので空のまま「続ける」をクリック。

popularltu-contestを設定しています

Debianパッケージの利用調査について参加するかどうかを選択し進みます。あとでも変更が可能とのこと。

ソフトウェアの選択

インストールソフトウェアの選択

ソフトウェアの選択では、初期値でDebianデスクトップ環境、プリントサーバ、標準システムユーティリティにチェックが入っていますが、これに加えてGNOME、Webサーバ、SSHサーバをプラスしました。

ブートローダ

複数のOSを入れたりしないのでブートローダーはマスターブートレコードにインストールしています。

ブートローダーを入れるデバイス

ブートローダーをインストールするデバイスもこの環境だとSSDしかないのでUSBと間違えないようにします。

インストールの完了

インストールの完了したらインストールメディアを外し「続ける」で再起動。

インストール後のログイン画面

再起動後にログイン画面が表示されればインストールは成功です。

これでDebianがデスクトップ環境で利用可能になりました。

インストールのメニューの中でWebサーバーを選択していたので、このままで同じネットワーク内の端末を使いブラウザからIPアドレスを指定すればApacheのindex.htmlが表示されます。