訳ありこそ至高なんだ

私たちの身の回りには様々な「訳あり」が存在します。訳ありな人、訳ありな物、話など取り上げればきりがないほどです。

しかし、私たちは多くの訳ありに対して無関心で、諸事情のあるものより優れたもの、問題の少ないものに関心が向きます。その反面、ワケアリな物事から逃げられない場面に遭遇することが少なからずあるのも事実です。

身の回りにあふれる「ワケアリ」

多くの人は訳ありな事象に対して気づくことが少ないものです。いや自然に目をそらすことが多いことでしょう。

そんなワケアリと素直に向き合ってみようというのが当サイトの試みであります。

まずは様々な訳ありと向き合うために訳ありの類型について考えてみることにしましょう。

訳ありなコト

多くの訳ありを語る前に、そもそも訳ありとはどのような事をさすのか考えてみよう。

一般的に見て正常な状態ではないことが訳ありか?と言えばそうで無いような気もします。

正常ではない状態ではあるが、個々の名称や事柄に対して直に特記するのが望ましいとも言えず、かつ当事者や関係者には「こっそり」その態様を説明すべきなコトを「訳あり」と称する。

分析すれば、このような解釈になるのではと考えますがいかがでしょう。

訳ありなモノ

訳ありな物(不良品)

様々な訳ありな事柄のうち「物」に対して訳ありであると言われる場合、それは、おおよそ不良品のことを刺すと考えて間違いないでしょう。

今回、このブログを立ち上げるに当たり主に取り上げたかったのは「訳ありなモノ」についてです。

根が貧乏性なのか、ついつい訳ありな物(ジャンク品)、に手を出してしまいます。

ここにネタが存在したというのが正直なところです。

こっそり訳あり(素性など)

あまり大きな声では言えない訳ありに離婚歴などがあります。バツイチのことですね。諸事情ということで必要により本人や他人から、あっさりと説明されることになる事象ですね。

それに対して小さな訳ありとは、ちょっとした性癖や変わった趣味などを持つ人にが当てはまることでしょう。

訳ありだから楽しい

訳ありとは、事柄に変化があった。あるいは少なくとも人とは違う様態であると言えることでしょう。

「普通の人生なんて楽しくない」などというセリフをよく耳にしたりしますが、それを口にする側に悲壮感が漂っていたり焦りが見えるのはあまり良いことではありません。

訳ありというとイメージ的にマイナスな感じもしますが、よく言えば他人とは違う特徴を持っているとも言えます。

訳ありな事態に陥ってしまった場合、沈み込んでしまうまえに自分の置かれた状況を冷静に分析し対応策を講じていく必要があります。

ポイントは、マイナスイメージが他人にオモシロ可笑しく写る工夫をすることでしょうか。
不測の事態に直面してしまったとき事故やトラブルに巻き込まれたとき、自分一人で悩み込んで鬱々としてしまうのは良くありません。だからといって、他人に正直に打ち明け重荷を分担させてしまうのも考えものです。

用は、自身に降りかかってしまったワケアリな事象を、周りの人に負担をかけず上手に吐き出してしまうことができれば良いのです。

具体的な例を問われると返事には困ってしまいますが、そこはこのサイトを運営しながら解決していきたいと考えています。

最もわかりやすい例え言葉は「そんなもの(わけあり)は笑い飛ばしてしまえー!」てなところでしょうか。

訳ありあっての充実した日々、そんなライフスタイルがあったらきっと楽しいことでしょう。

訳ありこそ至高です。

acerのネットブックAspireOneメモリ増設【1GBから1.5GB】

以前書いた記事でSSD化済みのAspireOneで今度はメモリ増設の作業を実施します。

この機種は他の多くのAtomネットブックと異なりオンボードに512MBのメモリチップを搭載済みでDIMMスロットにさらに512MBのSO-DIMMを差し込んだ状態が標準の仕様になっています。

搭載した1GBSO-DIMM【DDRⅡ533】

今回の増設作業ではメモリスロットのSO-DIMMを標準の512MBから1GBのものへ交換し容量を1.5GBへ変更します。

使用するDDR2-533

使用するメモリはDDR2-533の1GBです。

AOA150のメモリスロット

メモリスロットはマザーボードの裏側にあるので分解が面倒な位置です。

裏返したマザーボード

左にあるメモリスロットの裏あたりにオンボードのメモリがあります。

詳しくはSSD換装の記事「AcerのASPIRE_ONE_AOA150の内蔵HDDをSSD化 」のページもご覧いただければ分かります。

なお、パソコンの分解や改造の作業はメーカーからの保証が一切受けられなくなります。

500MBが差し込まれたメモリスロット
標準の512MB(PC2-5300S)が載った状態のメモリスロットです。これを1GBへ交換します。

1GBに交換後のメモリスロット

新しい1GBのメモリに交換したらマザーボードを元通りに収めパソコンを組み立てていきます。

BIOS表示でメモリ1.5GB

作業が終了したところでBIOSで認識されているか確認します。BIOS画面は電源を入れた直後に「F2」連打でした。

BIOSで1536MBの表示

メモリがちゃんと1536MBで認識されていました。

Windows10でも1.5GB

WindowsOSでもしっかり1.50GBと表示されています。

公表値では最大メモリ1GB

このAspireOneAOA150はメーカーの仕様書によればメモリの最大値は1GBまででした。

しかし、メモリスロットに標準で搭載されている512MBのメモリを容量の大きなメモリへ差し替えることによって他社製同スペックのネットブックと同様メモリ容量を2GBまでアップさせることが可能になっています。

チップセットの仕様上メモリの最大値が2GBまでと制限されていて、オンボードの512MBのメモリを無効にできないことから、この機種で2GBのSO-DIMMを増設しても認識はされないようです。

もし1.5GBのメモリ(DDR2-533)が入手可能であれば2GBでの運用が可能と推測されますが、まず1.5GBのSO-DIMMなど製品として存在するかはほぼ期待できません。

今となっては、オンボードのメモリチップは無駄なスペースを使ったにすぎません。開発者側からすれば、そこまで末永く使うことを想定していないというのが正直なところでしょうか。

現在、AOA150(ZG5)にはWindows10をインストールしていますが、カクカク& もっさりなWindows環境が整った状態で部屋のオブジェとなりつつあります。

用途的にはテキストエディタとしてしか思いつきませんが、このデザインネットブックの中では格段に優れているんですよね。
ホントなんでコイツだけメモリ1.5GB止まりなんでしょう。

NECのVersaPro_VJ22E/R-BとVK22E/R-Bの違い

手元に外見がほとんど同じNECのノートパソコンVersaProが2台あります片方は以前CPU交換の記事を書いたVK22E/R-Bで、もう片方はVJ22E/R-Bという機種です。

この2台の「VersaPro」は仕様を調べても大きく異なる部分が見あたらず発売時期が少し違う程度なのです。

同じ見た目のVJとVK

VJとVKで型番が違うので何処かで差別化されているはずですがCPUやチップセットなど基本構成は同じで見分けることができません。

VJ22E/R-Bのエンブレム

このJ_VR-BはJが付加されているという意味?

VK22E/R-Bのエンブレム

VK22E/R-BのほうにはJが無い

ポイントは「J」の有無なのか、軽く調べてみると「JシリーズはSOHO/中小企業向けに用意したビジネスPC」とのことで不要な機能やソフトウェアを非搭載にしたシンプル設計のモデルだそうです。

とは言ってもピンときませんし、だいいち今どきSOHOなんて用語が生きているのかどうか疑問です。

価格に大きな違いあり

ちょっと比べた感じでは仕様の違いを判別できないこの2台、発売当時の価格に大きな違いがあったようです。

VJ22E/R-Bの発売時の希望小売価格は42,800円~となっています。(随分安い)

一方、VK22E/R-Bのほうは128,000円~と結構な値段でした。(共に税別価格)

どちらもベースモデルとして紹介されていますが、この違いはVK22E/R-Bのほうは追加の仕様やプリインストールアプリに付加価値を持たせているのだろうと考えられます。

分かりやすいのが、MSのOfficeソフトが付属するかどうかといったところでしょう。もちろん価格差から言ってそれだけではないと思われます。

どちらもVRシリーズ

価格以外の違いは、VK22E/R-BはOSにWinows7Professionalが搭載されていてVJ22E/R-Bは同じWindows7でもHomeEditionがプリインストールされていました。

これについては、VK22E/R-BはWindows7のProのプリインストールマシンだけが存在し、VJ22E/R-BではXPも含めWindowsOSの選択肢があったようです。

この2機種はどちらも「タイプVR」という形状にあたるらしく、このタイプのハードウェアに構成の自由度を広く持たせたのがVJ22E/R-Bでメーカー側で安定した構成を提供したモデルがVK22E/R-Bであったと言って良いでしょう。

この辺の違いは、代理店の営業マンなんかは詳しく把握しているのでしょうが、ネットでは詳細に知ることができません。

やはり販売代理店あっての電機メーカーってな事情なのでしょう。

AcerのASPIRE_ONE_AOA150の内蔵HDDをSSD化

AcerのネットブックASPIRE_ONE_AOA150の内蔵HDDをSSDへ交換したときの作業記録です。

このノートPCも内蔵ドライブとメモリスロットがマザーボードの裏側という構造ですので換装作業の難易度は高めといって良いでしょう。

PCの分解や改造は事故責任で行う作業ですので保証が一切受けられなくなります

AcerのネットブックAOA150【ZG5】

ASPIRE_ONEはAcerから発売されたネットブックですがこれも理解しにくい型番が付いています。

販売ルートが違う別な型番が使用されるとか、おそらくそういったことでしょう。

中古PCに貼られたラベル

BIOSでもモデル名はAOA150ですが、この商品ラベルには「ZG5」と書かれています。

価格は税込み5,400円でした。

このPCを購入した店舗では、ジャンク品売場ではなく通常の中古PCのコーナーへ置かれていましたが、当然保証はなくレジでの支払いの前にも「こちらの商品はOSが入ってなくて素人向きではありません」的なことを説明されました(望むところですが…)。

私としては、SSD化できてWindows10さえ動けば何か使い道があるだろうという考えで購入したものです。

使用したSunDiskのSSD

正面から見たSSD

この手のネットブックにはもったいないSunDisk製のSSD120GBです。このSSDを買ったときは格安SSDの存在をまだ知りませんでした。

SATAインターフェイス

この頃のXPマシンは既にSATAインターフェイスですね。

厚さを調整するプレート

この120GBのSSDは厚さが7mmでしたので付属の枠状のプレートを張り付けることにしました。

枠を張り付けたSSD

後から交換することを想定して粘着テープは半分程度しか張り付けていません。

SSDへの換装作業

AOA150背面の画像

分解手順は他のPCと同じく背面のネジを外すことから取りかかります。奥の両端にあるゴム足の中にも隠しネジがあるのでそれも外します。

左上にあるスペースはmSATAインターフェイスと思われますが、今回は冒険することなく2.5インチのSSDを使用することにしました。

バッテリー裏のネジ

通常バッテリーで隠れてる部分にもネジがあるので外します。

キーボードの取り外し

キーボードを取り外す際はフラットケーブルを傷つけないように注意してコネクタから外しました。

キーボードが外れたAOA150

上の赤い3カ所の太丸部分にキーボードを固定する爪のようなものがあるのでそれを押しながらキーボードを外しますが結構コツがいります。

キーボード裏にあるネジも外していきます。右中央の赤丸部分だけネジの大きさが小さいものだったと記憶していますが、あまり自信がありません。

外したAOA150のキーボード

キーボード本体にも両脇と下に爪が付いているので組立の際にはこれらを予め本体側に引っかける必要があります。

マザーボードの裏へアクセス

先にキーボードの枠にあたる部分のカバーを外しますがタッチパッドの細いフラットケーブルがあるので千切れないように慎重にコネクタから外しました。

AOA150のマザーボード

これでマザーボードにはたどり着けましたが、HDDはこの裏に付いてます。

よく見ると右側の基盤はマザーボードとは分かれていて、赤で印を付けてあるネジを外し無線LANカードを先に外せば取れる仕組みになっていました。

マザーの中央にはオンボードのメモリチップが500MB搭載されていて、このためにこの機種は最大メモリが1.5GBに制限されてしまっています。

裏返したマザーボード

少々、邪道でしたがモニターへの細い配線群はそのまま取り外さずに基盤ごと液晶モニタのほうへひっくり返しました。
ヒンジはケースに付けたまま作業しています。

モニタ画面に傷が入らないよう柔らかめの紙を敷いた状態です。

内蔵ドライブの入れ替え

マウンタが付属したHDD

HDDを外してマウンタごと裏返しにしたところです。

古いHDDと新品SSD

ハードディスクは日立製160GBのものが使用されていました。

マウンタにセットしたSSD裏面

SSDをマウンタにセット

マザーに乗せたSSD

マウンタとSSDの間に隙間があるのがわかる

マザーボードに載せて固定します。

元通りケースに入れたマザーボード

SSDが設置できたら、あとは元通りにケースにマザーボードを入れ分解とは逆の手順で組み立てていきます。

このときも、タッチパッドやキーボードのフラットケーブルは慎重に扱うようにしました。

作業後BIOSの表示を確認

全ての作業が済んだらASPIRE_ONEの電源をいれBIOSを確認します。

起動したAOA150のBIOS画面

BIOSで確認すると「SunDiskの120GB_SSD」がしっかり認識されていました。

その後Windows10をインストールに成功しましたが、中身は他のネットブックと同じAtomマシンですのでサクサクとはいかないものです。

ただし、この世代のPCに搭載されていたWindowsXPはセキュリティー面を考えると使用できませんので、ネットブックに愛着があって使用を継続したい場合などには今回のようなSSD化は有効な手段といえます。