訳ありこそ至高なんだ

私たちの身の回りには様々な「訳あり」が存在します。訳ありな人、訳ありな物、話など取り上げればきりがないほどです。

しかし、私たちは多くの訳ありに対して無関心で、諸事情のあるものより優れたもの、問題の少ないものに関心が向きます。その反面、ワケアリな物事から逃げられない場面に遭遇することが少なからずあるのも事実です。

身の回りにあふれる「ワケアリ」

多くの人は訳ありな事象に対して気づくことが少ないものです。いや自然に目をそらすことが多いことでしょう。

そんなワケアリと素直に向き合ってみようというのが当サイトの試みであります。

まずは様々な訳ありと向き合うために訳ありの類型について考えてみることにしましょう。

訳ありなコト

多くの訳ありを語る前に、そもそも訳ありとはどのような事をさすのか考えてみよう。

一般的に見て正常な状態ではないことが訳ありか?と言えばそうで無いような気もします。

正常ではない状態ではあるが、個々の名称や事柄に対して直に特記するのが望ましいとも言えず、かつ当事者や関係者には「こっそり」その態様を説明すべきなコトを「訳あり」と称する。

分析すれば、このような解釈になるのではと考えますがいかがでしょう。

訳ありなモノ

訳ありな物(不良品)

様々な訳ありな事柄のうち「物」に対して訳ありであると言われる場合、それは、おおよそ不良品のことを刺すと考えて間違いないでしょう。

今回、このブログを立ち上げるに当たり主に取り上げたかったのは「訳ありなモノ」についてです。

根が貧乏性なのか、ついつい訳ありな物(ジャンク品)、に手を出してしまいます。

ここにネタが存在したというのが正直なところです。

こっそり訳あり(素性など)

あまり大きな声では言えない訳ありに離婚歴などがあります。バツイチのことですね。諸事情ということで必要により本人や他人から、あっさりと説明されることになる事象ですね。

それに対して小さな訳ありとは、ちょっとした性癖や変わった趣味などを持つ人にが当てはまることでしょう。

訳ありだから楽しい

訳ありとは、事柄に変化があった。あるいは少なくとも人とは違う様態であると言えることでしょう。

「普通の人生なんて楽しくない」などというセリフをよく耳にしたりしますが、それを口にする側に悲壮感が漂っていたり焦りが見えるのはあまり良いことではありません。

訳ありというとイメージ的にマイナスな感じもしますが、よく言えば他人とは違う特徴を持っているとも言えます。

訳ありな事態に陥ってしまった場合、沈み込んでしまうまえに自分の置かれた状況を冷静に分析し対応策を講じていく必要があります。

ポイントは、マイナスイメージが他人にオモシロ可笑しく写る工夫をすることでしょうか。
不測の事態に直面してしまったとき事故やトラブルに巻き込まれたとき、自分一人で悩み込んで鬱々としてしまうのは良くありません。だからといって、他人に正直に打ち明け重荷を分担させてしまうのも考えものです。

用は、自身に降りかかってしまったワケアリな事象を、周りの人に負担をかけず上手に吐き出してしまうことができれば良いのです。

具体的な例を問われると返事には困ってしまいますが、そこはこのサイトを運営しながら解決していきたいと考えています。

最もわかりやすい例え言葉は「そんなもの(わけあり)は笑い飛ばしてしまえー!」てなところでしょうか。

訳ありあっての充実した日々、そんなライフスタイルがあったらきっと楽しいことでしょう。

訳ありこそ至高です。

東芝NB100へWindows10をインストール

ジャンク品で3,000円で購入した東芝NB100は、キーボードを直し、SSD化とメモリ増設が済んだところでWindows10をインストールすることにしました。

このNB100は購入時にWindows10が既にインストールしてありましたが、ライセンス認証がされていない状態でした。

今回はHDDから換装済みのSSDへWindows10をインストールしライセンス認証をします。

インストール用メディアの作成

Winodwsのインストールには、マイクロソフトのメディアクリエーションツールを使用します。

インストールメディアは8GBのUSBメモリを使用しました。

CPUがAtomN270ですので32bitを作成しインストールにはProfessional_Editionを指定することにします。

他にプロダクトキーが必要ですが、これはWindows10を起動してみて実用可能であることを確認してからでも充分でしょう。

USBからWindows10のインストール

BIOSの起動デバイス設定

今回は、OSのインストール先が新品のSSDですのでインストールメディアのUSBメモリを刺してPCの電源を入れればインストールが開始されますが、既に別のOSがHDDにインストールされている場合はBIOSでUSBメモリの起動順位を1番上に設定する必要があります。

たとえば、既存のXPへWindows10を上書きしたいときなどはUSBからの起動を優先させる設定でOSインストーラを起動させ、途中の再起動時に再度優先順位を変更してSSDを1番にします。(または少々危険ですが再起動時にUSBインストールメディアをPCから抜いてしまう)

これをやらないと、再起動後に作業が振り出しに戻ってしまうため初回の再起動のあとはUSBではなくSSD(HDD)からPCを起動させる必要があります。

なお、NB100でのBIOS起動方法は電源ON時にF2キーを連打します。

NB100はインストール中に画面が不安定

いままで、WindowsOSのインストールでPCの挙動がおかしくなったというのを経験したことがありませんでしたがNB100は少し癖があるようでした。

NB100ではインストールの行程で何度か画面がブラックアウトします。他のPCでもあることですが、NB100は画面が黒く何も表示されない時間が長くて不安になります。

ディスプレイドライバのインストール

このままでは心配ですのでインストールが完了してから、東芝のサイトからダウンロードしたディスプレイドライバをインストールしました。

ディスプレイドライバアップデート起動

ダウンロードしたのは「031127_02.47.17.TC50051500A.exe」という実行形式のファイルです。

このドライバセットアッププログラムはWindows10でも使用できました。

BIOSのアップデート

このとき、一緒にBIOSアップデートプログラムも「204141_01.33.58.TC50035100D.exe」インストールします。

販売終了からかなり時間がたっている機種ですが、これらのツールがダウンロードできるのは非常にありがたいです。

BIOSアップデート起動

BIOSはできればXP環境が残っているうちにアップデートを済ませておいた方が良いでしょう。今回はXPが既に起動しない状態での入手でしたが、このアップデートプログラムもWindows10で動作が可能でした。

Windows10Proを導入後のネットブックNB100

Windowsのプロパティ画面

無事Windows10Proが起動できたNB100ですが、正直SSDを搭載したPCで動きがこれほどスローなものは珍しいといった印象です。

ある程度覚悟はしていましたが、それでも他のAtom搭載PCと比較して動きの鈍さは顕著でした。

東芝NB100はCPUがAtom_N270(1.6GHz)というスペックからWinodws10を導入した後の実用性という面では厳しいかと思いますが、テキスト編集マシンとしてなら期待できそうです。

NB100でメモリを2GB化

どのPCもこうだったら良いのにと思ってしまうほど簡単だったのがNB100のメモリ交換でした。

東芝のネットブックNB100は標準で1GBのメモリを搭載していますが、せっかく手にした程度の良いNB100ですので試しに2GB化に挑戦してみました。

標準の1GBメモリを差し替える

増設作業は、PC裏にあるメモリのフタを外してスロットに刺してあるメモリを2GBのものに交換するだけです。

既存の1GBメモリ

PC2-6400S-666

NB100の仕様によれば、使用されているメモリはPC2-4200(DDR2-533)ですが、実際にDIMMスロットに搭載されていたのはPC2-6400でした。これをスロットから外します。

最大容量も1GBとなっていますが、この手のネットブックは2GBまでは動くものが多いようです。

2GBメモリを設置

2GBのDDR667メモリ

使用したのはPC2-5300(DDR667)の2GBメモリです。

これをメモリスロットに差し込んでフタを元通りに閉じネジを1本閉めれば完了です。

NB100はメモリの空きスロットが無いので、メモリの増設はこのように既存の物を容量に交換する手法を採ります。

BIOSで表示を確認

NB100のBIOS画面

BIOS画面の表示は起動直後にF2キーを連打します。
画像は、OSインストール後にBIOSのアップデートを済ませバージョンが2.1になっています。

表示されたメモリ容量

表示されたメモリ容量は2048MBと増量されています。すでに換装済みの128GB_SSDも確認できました。

NB100のメモリ増設(交換)は、このように簡単なものですが、今となっては2GBに増設したところでCPUの動作速度が気になる機種ではあります。

LEDで青く光るCPUクーラー【aINEX_CC-06B】

価格の安いCPUクーラーを選んで買ったらLED付きでした。

オーバークロックなどに関心がないので、CPUクーラーに特に拘りはなく適度に冷えて静穏性に優れていれば良いといった考えです。

Pentium4世代を過ぎてからうるさいクーラーをそうそう見かけないので普通の形の物を選んだのがこのCC-06Bでした。

LGA115x対応のCPUクーラーCC-06B

LGA1155は、その前後の世代のソケットとは共通性がありませんが、使えるCPクーラーは互換性あるようです。

LGA1155対応のCC-06B

しかし、Core_iシリーズが初めての自分はこれらに使えるCPUクーラーを持っていなかったので買い直しを迫られたというわけでした。

ヒートシンクのCPU接触面

CC-06BのヒートシンクがCPUと接触する部分

横から見たCC-06B

自作PCに使用しているマザーボードP8B75-Mが第3世代CPU対応でLGA1155ソケット搭載でしたので、CC-06Bは大きさや形を考えたら最適な選択と言えます。

青色LEDを搭載した冷却ファン

正直、LEDでクーラーが光るかどうかは、あまり意味がないと思っていましたが、実際に組んでみたら本当に光りました。

ケースの中で青く光るCC-06B

エラー表示などで、マザー本体に搭載されるLEDは赤が一般的なので、それと混同しない色という意味で青なのでしょうか、装飾的な目的でこの手のPC関連機器に搭載されるLEDは圧倒的に青ですね。

どうやら緑ではダメのようです。

それでもケースは閉めちゃいます

半透明のファンがLEDで照らされる

なるほど、起動させてみてパソコンの中央演算装置に位置する部分が青く発光するのは魅力的なのは分かります。

しかし、ここ1年ほどケースの蓋を開けたまま使用していたところ、中に随分ホコリが入りました。

今回は、SSDを含めた大規模な更新(再利用したパーツは工学ドライブとバックアップ用のHDD、ビデオカード)でしたので新しいパーツが多く季節的な面も考えればケースの蓋を閉めて運用することになんら不安がありません。

それと、ケースを解放したままだとパソコンでのCMS編集作業などのときにもついつい目がいってしまい捗らないんですよね。

これが最新のケースだったら、透明だったり内部の明かりが漏れる構造だったりするのですが、残念ながらケースは年代物を使用しています。

せっかくの青色LEDですが、しばらくの間は内部でこっそり輝いていてもらうことにしました。