訳ありこそ至高なんだ

私たちの身の回りには様々な「訳あり」が存在します。訳ありな人、訳ありな物、話など取り上げればきりがないほどです。

しかし、私たちは多くの訳ありに対して無関心で、諸事情のあるものより優れたもの、問題の少ないものに関心が向きます。その反面、ワケアリな物事から逃げられない場面に遭遇することが少なからずあるのも事実です。

身の回りにあふれる「ワケアリ」

多くの人は訳ありな事象に対して気づくことが少ないものです。いや自然に目をそらすことが多いことでしょう。

そんなワケアリと素直に向き合ってみようというのが当サイトの試みであります。

まずは様々な訳ありと向き合うために訳ありの類型について考えてみることにしましょう。

訳ありなコト

多くの訳ありを語る前に、そもそも訳ありとはどのような事をさすのか考えてみよう。

一般的に見て正常な状態ではないことが訳ありか?と言えばそうで無いような気もします。

正常ではない状態ではあるが、個々の名称や事柄に対して直に特記するのが望ましいとも言えず、かつ当事者や関係者には「こっそり」その態様を説明すべきなコトを「訳あり」と称する。

分析すれば、このような解釈になるのではと考えますがいかがでしょう。

訳ありなモノ

訳ありな物(不良品)

様々な訳ありな事柄のうち「物」に対して訳ありであると言われる場合、それは、おおよそ不良品のことを刺すと考えて間違いないでしょう。

今回、このブログを立ち上げるに当たり主に取り上げたかったのは「訳ありなモノ」についてです。

根が貧乏性なのか、ついつい訳ありな物(ジャンク品)、に手を出してしまいます。

ここにネタが存在したというのが正直なところです。

こっそり訳あり(素性など)

あまり大きな声では言えない訳ありに離婚歴などがあります。バツイチのことですね。諸事情ということで必要により本人や他人から、あっさりと説明されることになる事象ですね。

それに対して小さな訳ありとは、ちょっとした性癖や変わった趣味などを持つ人にが当てはまることでしょう。

訳ありだから楽しい

訳ありとは、事柄に変化があった。あるいは少なくとも人とは違う様態であると言えることでしょう。

「普通の人生なんて楽しくない」などというセリフをよく耳にしたりしますが、それを口にする側に悲壮感が漂っていたり焦りが見えるのはあまり良いことではありません。

訳ありというとイメージ的にマイナスな感じもしますが、よく言えば他人とは違う特徴を持っているとも言えます。

訳ありな事態に陥ってしまった場合、沈み込んでしまうまえに自分の置かれた状況を冷静に分析し対応策を講じていく必要があります。

ポイントは、マイナスイメージが他人にオモシロ可笑しく写る工夫をすることでしょうか。
不測の事態に直面してしまったとき事故やトラブルに巻き込まれたとき、自分一人で悩み込んで鬱々としてしまうのは良くありません。だからといって、他人に正直に打ち明け重荷を分担させてしまうのも考えものです。

用は、自身に降りかかってしまったワケアリな事象を、周りの人に負担をかけず上手に吐き出してしまうことができれば良いのです。

具体的な例を問われると返事には困ってしまいますが、そこはこのサイトを運営しながら解決していきたいと考えています。

最もわかりやすい例え言葉は「そんなもの(わけあり)は笑い飛ばしてしまえー!」てなところでしょうか。

訳ありあっての充実した日々、そんなライフスタイルがあったらきっと楽しいことでしょう。

訳ありこそ至高です。

正規化された URL:

 

基盤好きの観賞用RaspberryPi_Zero

一般的には認知度が低いハードウェアかもしれませんが、IOTの開発や学習などに便利なRaspberryPi(シングルボードコンピュータ)という存在。

見た目はカードタイプで、動かして楽しい、役に立つのは勿論のこと基盤好きの自分にとっては、小さく納まった本体を見ているだけでもなんだか落ち着く気がします。

基盤を見ながら酒が飲める

実際にハードウェアとして機能するのが条件ですが、情報機器の基盤、特にPCのマザーボード(M-ATX規格とか)などの外観に芸術性に似た価値観を覚えます。

細かく描かれた電子回路と接続コネクタなどに周りこんだ金属部の輝きが見ていて飽きることがありません。

もちろん自分が設計したものでなければ、訳が分からないのが事実ですが、その作り込みが細かく技術的に優れている物ほど機能美というか電子機器なりの美しさを感じるような気がするのです。

基盤むき出しのRaspberryPi_Zero

もちろん、そればかり長いことじっくり見つめていられるほどではありませんが、何かをしているときにテーブルに小物のように飾っておいたら落ち着くような効果があるのではと感じます。

少々、大げさに言えば電子基盤をグラスの横に置きながら一人でワインでも飲んだらいつもとは別な酒の飲み方ができるのではと思っています。

誤解のないように付け足しますが、そうしていられないと居られないほど好きだということではありません。

シングルボードコンピュータのもう一つの魅力

基盤好きだからといって、PCのマザーを剥き出しで置いておいたら邪魔になるし趣向的にも変です。

これが、RaspberryPiだと剥き出しのまま置いておいても大きさ的にそう邪魔になることもなく、その様も何かのマザー(基盤)剥き出しではなく置いてあるのはシングルボードコンピュータです。

透明ケースのRaspberryPi_ZERO

一応プレート状のケースを装着

使う人の多くはケースを準備して起動させるのが普通かもしれませんが、RaspberryPiはそのまま素でも置いて置いてもRaspberryPiという製品そのものです。
基盤好き目線で見れば、どこか絵になる存在感を感じられるのもRaspberryPi。

そんな基盤一枚で存在感を感じさせるRaspberryPiは動かすときだけ使うのももったいないので、普段は仕舞い込まず観賞用に置いておくことにしてみます。

瓶入りにしたRaspberryPi_Zero

瓶入りのRaspberryPiZero

RaspberryPiZeroだと、このように小さな瓶にすっぽり入ってしまいました。

勿論、ただの飾りにしたわけではなくOSインストールを経て起動を確認済みです。

試してはいませんが、5Vバッテリーを一緒に用意してあげれば瓶の中で起動してくれそうです。

遊び心で瓶入りにした基盤

電源さえあれば起動可能

ほんの遊び心で瓶入りにしたシングルボードコンピュータですが、これって真面目にIOT学習用に使っている人からしたら想像が付かない利用法かもしれません。

好きこそものの上手なれというように、仕事や勉強だけのツールだったらプライベートな時間には見たくないものでしょう。

まあ、自分的には充分満足な観賞用RaspberryPi。今後も好きな物は瓶詰めにしてしまうことがあるかもしれません。

値札付け用のタグガンを使ってみた

靴下とかを買ったときとか値札の取り付けにビニールのが使われていてハサミなどを使い切り落とさないと外せない構造になっています。

外すのにハサミが必要なので面倒ですが、これってどうやって取り付けるものなのか疑問に思っていました。

今回は、このビニールを取り付けるためのタグガンを購入して使ってみました。

安価に購入できるタグガン

こちらが、購入した値札付け用の機械。

見た目が水鉄砲のようです。

タグガンの外見

上から差し込んであるように見えるのが、布地に通すビニールの線です。

タグガン反対側からの画像

このビニールの先端を縦方向に折り曲げて針の中に入れ布地の裏に針を通し、逆方向に引き戻す際にビニールの先端を横向きのT字型に戻してひっかけるという仕組みです。

値札付けの使い方

布地の針を当てる

試しにビニールを通す対象はボロになったハンカチです。

他の機械がどうか知りませんが、針は結構太めですので扱う商品は限られそうです。

針を通したところ

画像では分かりづらいですが針の中にビニールの先端が折れ曲がって入っています。

ビニールが針から出てきた様子

完全に針を押し込むとビニールの先端が布地の裏側に引っかかりました。

ビニールが針から出てきた様子

この状態で針だけを布地から抜き取ります。

残ったタグ付け用ビニール紐

布地にビニールが通り出来上がりです。ハサミやナイフで切り落とさないと取れな状態になりました。

針はかなり太いものを使う

同様の工具を見たことがないので、針の太さに関しては一般的かどうか分かりませんが布地に残った穴も目立ちます。

替えの針とビニールが付属

購入したタグガンには針5本と50mmのビニール(ピンとかかれていました)が1000本付属していました。

これを使って商品に値付けをするとなると、ある程度の慣れやコツみたいなのも必要かなとも感じます。

興味本位で買ってみたタグガンでしたが、物に値段を付けて売るのも大変なようですね。

カード型電卓【CASIO:SL-760LU】

カードサイズの電卓(カシオのSL-760LU)を持っています。

この電卓は大きさがちょうどクレジットカードと同じ大きさで薄型にできています。

存在し続けるカード電卓

薄型カード電卓SL-760LUを手に入れたのは、もうだいぶ昔のことで1つ以上時代を遡るほど。

SL-760LUの黒

小さく薄い本体は持ち運びに便利ですが、便利だからといっても一般人が電卓を自分で持ち歩かなければならない場面というのはそうありません。

持ち歩き用の電卓が必要なのは売る側の方ですので仕事によります。

とくにフィーチャーフォン(ガラケー)が普及し始めてからは、電卓を持ち歩くのは桁の多い数字を扱う営業マンに限られたことでしょう。

それも、やがてノートPCやタブレットにとって変わることになり電卓は持ち歩くものではなく、デスクに固定して置かれるものとして定着したと言えます。

SL-760LUと同じ形をしたカード型電卓は今でも販売されていて、同じSL-760という型番も健在の様子。

外見も機能もそれほど変わらないようで、今でも継続して販売されているということは一定の需要はあるようです。

時間計算機能「TIME CALCULATIONS」

%ボタンを押すと時間計算モード

手元にあるSL-760LUには時間を計算する機能が付いていて、液晶表示の下に「TIME CALCULATIONS」と書かれています。

時間計算モード

この状態で時間の計算をする

12時30分15秒

「%」ボタン(上にHMSと表記)を一度押すと時間計算モードになり、12時30分15秒と入力するには「12」、「%」、「30」、「%」、「15」とボタンを押します。

1時間35分45秒

例えばこれに1時間35分45秒を足す(1時間35分45秒が経過した時間)計算をするときの手順は、「+」、「1」、「%」、「35」、「%」、「45」、「=」とボタンを押します。

14時06分00秒の表示

計算結果の14時06分00秒

ごらんの通り計算結果が14時06分00秒で表示。

もちろん時刻から時刻を差し引き経過時間を求めることも可能です。

優秀な日本製電卓

もう軽く10年以上経っている電子機器なのに、ボタンの入力も計算機能も問題なく利用できます。

裏面をみたら、しっかり「MADE IN JAPAN」の文字が入っていました。

今では安価な電子機器は海外生産がほとんどだと思われるのでこの日本製「SL-760LU」は貴重なものかもしれません。

このカード電卓も発売当初は、今の倍以上の価格設定だったのではないでしょうか。

そう考えると出番がないカード電卓ですが、今後も大事にしてしまいそうです。