訳ありこそ至高なんだ

私たちの身の回りには様々な「訳あり」が存在します。訳ありな人、訳ありな物、話など取り上げればきりがないほどです。

しかし、私たちは多くの訳ありに対して無関心で、諸事情のあるものより優れたもの、問題の少ないものに関心が向きます。その反面、ワケアリな物事から逃げられない場面に遭遇することが少なからずあるのも事実です。

身の回りにあふれる「ワケアリ」

多くの人は訳ありな事象に対して気づくことが少ないものです。いや自然に目をそらすことが多いことでしょう。

そんなワケアリと素直に向き合ってみようというのが当サイトの試みであります。

まずは様々な訳ありと向き合うために訳ありの類型について考えてみることにしましょう。

訳ありなコト

多くの訳ありを語る前に、そもそも訳ありとはどのような事をさすのか考えてみよう。

一般的に見て正常な状態ではないことが訳ありか?と言えばそうで無いような気もします。

正常ではない状態ではあるが、個々の名称や事柄に対して直に特記するのが望ましいとも言えず、かつ当事者や関係者には「こっそり」その態様を説明すべきなコトを「訳あり」と称する。

分析すれば、このような解釈になるのではと考えますがいかがでしょう。

訳ありなモノ

訳ありな物(不良品)

様々な訳ありな事柄のうち「物」に対して訳ありであると言われる場合、それは、おおよそ不良品のことを刺すと考えて間違いないでしょう。

今回、このブログを立ち上げるに当たり主に取り上げたかったのは「訳ありなモノ」についてです。

根が貧乏性なのか、ついつい訳ありな物(ジャンク品)、に手を出してしまいます。

ここにネタが存在したというのが正直なところです。

こっそり訳あり(素性など)

あまり大きな声では言えない訳ありに離婚歴などがあります。バツイチのことですね。諸事情ということで必要により本人や他人から、あっさりと説明されることになる事象ですね。

それに対して小さな訳ありとは、ちょっとした性癖や変わった趣味などを持つ人にが当てはまることでしょう。

訳ありだから楽しい

訳ありとは、事柄に変化があった。あるいは少なくとも人とは違う様態であると言えることでしょう。

「普通の人生なんて楽しくない」などというセリフをよく耳にしたりしますが、それを口にする側に悲壮感が漂っていたり焦りが見えるのはあまり良いことではありません。

訳ありというとイメージ的にマイナスな感じもしますが、よく言えば他人とは違う特徴を持っているとも言えます。

訳ありな事態に陥ってしまった場合、沈み込んでしまうまえに自分の置かれた状況を冷静に分析し対応策を講じていく必要があります。

ポイントは、マイナスイメージが他人にオモシロ可笑しく写る工夫をすることでしょうか。
不測の事態に直面してしまったとき事故やトラブルに巻き込まれたとき、自分一人で悩み込んで鬱々としてしまうのは良くありません。だからといって、他人に正直に打ち明け重荷を分担させてしまうのも考えものです。

用は、自身に降りかかってしまったワケアリな事象を、周りの人に負担をかけず上手に吐き出してしまうことができれば良いのです。

具体的な例を問われると返事には困ってしまいますが、そこはこのサイトを運営しながら解決していきたいと考えています。

最もわかりやすい例え言葉は「そんなもの(わけあり)は笑い飛ばしてしまえー!」てなところでしょうか。

訳ありあっての充実した日々、そんなライフスタイルがあったらきっと楽しいことでしょう。

訳ありこそ至高です。

正規化された URL:

 

レジで年齢確認が不要な人に限って皮膚の水分が少ない

秋が深まってきた先日のこと、スーパーのレジで年齢確認のためにレジのタッチパネルを指でタッチしたところ反応が鈍く、3回タッチを繰り返し最後には軽くたたくような動作でようやく確認ができました。

自分としては、外見も中身も間違いなく大人としての魅力に磨きが掛かっているも肌の水分まで磨ききってしまっているようです。

年とともに反応しにくくなる年齢確認

コンビニやスーパーのレジで画面へのタッチを求められる年齢確認の操作。

見た目では20歳以上かどうか確認が難しい若年層の手では問題なくキビキビ反応してくれ年齢確認がスムーズにいきます。

一方、大人の中でもある程度の域を過ぎてしまって、もう誰もが認める20歳どころか中年以上になると、水分や皮脂が少ない手になっていて確認用の画面が上手く反応しにくくなってきます。

外見から判断して充分な大人であるのが明らかなのに年齢確認を迫られる。まあ、そこは協力するのが社会の一員としての義務というか道徳にのっとった行動として素直に応じるまでであります。

ところが、世間の目から見て明らかにあの人は大人といいう見た目に至ってしまい本人が認めたくない(できれば現実であったほしくない)という年齢になっていても、その確認を都度迫られるのが年齢確認なのです。そして、大人であるが故にあえて気にしていないクールな表情でタッッチパネルを押す操作を済まさなければなりません。

内心、「充分大人なんだけど気にしてないから自然に済ませてやるぜ」と思っていたところを加齢による手の乾燥が災いし機械が反応せずクールな表情をニヒルな表情に変えざるを得ない状況に追い込まれてしまいます。

フィットネスクラブの帰りに

私は、日常的にフィットネスクラブへ通う習慣があります。

クラブで爽快に汗をかきシャワーを浴びた後、家に帰ってからビールが飲みたくなり帰り道のスーパーでビールを買い求めようとしたときのことです。

普段から気になっていたタッチパネルでの年齢確認がいつにも増して反応しません。

当たり前です、フィットネスクラブでの運動後に汗どころかいつも以上に丁寧に画面操作に必要な水分と皮脂をキレイに洗い流しさっぱりしてしまっているのです。

クラブを出てきた本人は運動をこなせた程良い達成感を得ているのですが、スーパーやコンビニのレジの前では「達成感現象→大人すぎる現実の受け止め」という日常に一時的に引き戻されるわけです。

反応が鈍いタッチパネル対策

この年齢により手が乾いてきてしまう症状は進行を止める手段はないものなのか気になります。

手軽に皮脂の乾燥だけを回復するならば、ハンドクリームをこまめに塗るしかなさそうではあります。

レジのタッチパネルについてだけ考えるなら、年齢確認でタッチが必要なスーパーでのレジ会計も、セルフレジでは店員が別な操作ですませてくれたりするのでセルフレジを使うのもありですね。

また、一般のレジでは確認が必要な商品が冷蔵ケースにあるビールなどならレジに並んでいる間に冷えた缶に指をあてていれば若干の結露で指が湿ってくれそうです。

ただ、冬場の空気が乾燥する時期にこれが通用するかは難しそうです。

昨今、導入が進んでいるキャッシュレス決済などで年齢情報を確認できるシステムを加えてもらえればどうかとも思いますが、それだけで済ませてしまうと不正がされやすくなるので無理ということでしょうか。

皮肉なことですが、日本では少子高齢化が進み消費者の年齢層はますますベテランの大人が中心になっていくことが考えられます。

この傾向を鑑みれば、メーカー側でのタッチパネルの質の向上や業界が新しいシステムへ移行していくだろうことは容易に推測できることではあります。

そして、業界のシステムが法令やコンプライアンスに乗っ取ったシステムへスムーズに移行するためには景気を持続、向上させるための若い労働力が必須であるのは確かなことのようです。

Windows10PCにCOMポートを取付ける

古いモバイルデバイスなどをパソコンに接続したいとき機器との通信手段に必要なのがシリアルポート(COMポート)です。

このCOMポート、現在では搭載されているPCというのをほとんど見かけないため自分で増設してみることにしました。

RS-232Cポートが欲しい

COMポートにはいくつか呼び名があって、マザーボードの説明書には「COMport」と記載されていることが多いと感じますが、ほかにはRS232Cポートやシリアルポートなどと呼ばれていました。

個人的には周辺機器の説明書に多く採用されていたRS-232Cポートの方が印象が強く感じます。

これに似たインターフェイスにプリンタに使われるパラレルポートというのがあって、パラレル1つシリアル2つが昔のDOS/V機には普通に搭載されていました。そしてどちらもUSBに取って代わられています。

そんなCOMポートですが、最近押入れの中から久し振りにだしてきたCASIOのリストカメラをパソコンに接続したくて現役のデスクトップPCへ設置を試みることにしました。

※完成後に試したところリストカメラWQV-2用の赤外線デバイスに必要なアプリケーションがOSに対応できず使えませんでした。

ASUSマザー用COMポート

使用するハードウェアはASUSマザーボード純正のCOM(シリアル)ポートです。

PCI空きスロット用COMポート

ASUSの別売りCOMポート

これをPCIスロットに組み込んで使用します。

このASUS用COMポートは、マザーに付いてきたものかオプションで買ったものか詳しく覚えていません。

いずれにしろ、シリアルポートを使用しなくなったのはだいぶ昔のことなので最近使いたいと思ったことはありませんでした。

コネクタの接続先

COMポートの接続先画像

中央の四角い白枠の部分がCOMポート用端子

P8B75-MではCOMポートのコネクタはマザーボードのしていの場所に接続します。コネクタ形状はケース用のUSBの接続コネクタに似ていますね。

コネクタを指した画像

COMポートを接続したところ

ケース背面のポート

新たに設けられたCOMポート

ケースはフルATXなのでPCIの空きには余裕がありました。一番下を使用して設置。

これで物理的にはCOMポートがPCに組み込まれたことになります。

組み込み後のデバイスドライバ

デバイスドライバの画面

デバイスの一覧を確認するとごらんの通りCOM1ポートが確認できました。

ハード的には準備が整ったCOMポートですが、Windows10OSで目的の周辺機器を満足に使用できるかどうかは少々不安が残るのが正直なところと言えます。

OSをLinuxに変更されたE200HAをWindows10へ戻す

UbuntuがインストールされたASUS_E200HAをフリマアプリから格安で入手できたので自力でWindowsに戻すことを試みました。

出品者によればWindowsに戻すことは難しいとのことでしたが、LinuxのままだとWindowsに比べできないことが多くて不便に感じます。

注意:パソコンのクリーンインストールはPCのデータを全て完全に消去する作業で出荷状態へも戻せなくなります。データを復活しなければならない場合は専門の業者へ依頼しましょう。

Ubuntuが入ったASUS_E200HA

VivoBookE200HAはASUSから販売されていた重さ980gの軽量薄型ノートPCです。

E200HAの画像

もとが低価格なモバイルノートPCですが、Ubuntu(16.04)が入っちゃってて戻せないとの事情で大台を切る格安出品となっているではありませんか。

過去にパスワードを解除できないPC(HPのPavilionTouchSmart10)へのクリーンインストールの実績もあることですし、試しに購入しWindowsへ戻してみることにしました。

rootパスワードが分からない訳あり度

購入後に難なく到着したE200HA。自分はUbuntuが欲しかったわけではありませんが、見慣れないUIが珍しく感じたのでブラウザなどを起動してイジってみました。

事前に取引メッセージでログイン(ユーザー)パスワードを教えてもらっていましたが、rootでログインする際のパスワードが分からないため聞いてみたところ「すみません分かりません」とのこと。

どうやら前の持ち主は誰かにUbuntuを入れてもらっただけで、その際にrootのパスワードを教えてもらっていなかったようです。

他人が使うパソコンにOSを勝手にインストールしてrootパスワードを教えないとか、よく考えるればなにが仕掛けてあるか分からない危険な端末とも言えます。

仮に悪意のないものであったとしても、root権が必要な操作やsudoを使ったコマンドなどは実行できないシステムですので不便なことこの上ありません。

これはもう即Windows化が必須、訳あり度MAXのパソコンです。

Windows10のクリーンインストール

このASUSノートのクリーンインストールは、セットアップの際に本体のキーボードが認識されないのでUSB接続のキーボードを別途接続する必要があります。

必要なもの

キーボードを接続したE200HA

必要なハードウェアはキーボードの他にマウスとUSBメモリ(8GBの容量のものをを準備しました)です。

USBメモリはWindows10インストールメディアとして使用するのでマイクロソフトのサイトで手順に従い作成しておきます(作成にあたり32bitか64bitかを問われたら64bitを選択)。

キーボードとマウスをそれぞれ接続してしまうと、USBメモリを刺すポートが足りませんのでUSBハブが必要になりますが、今回はマウスを省略してキーボードのみでセットアップを行うことにしました。

他に揃えておきたいのはE200HAのドライバ関連のソフトウェアです。

  • ATKPackage_Win10_64
  • AmartGesture_Win10_64

この二つのプログラムをASUSのサイトからダウンロードし予め別なメディアへ保存しておくと良いでしょう。E200HA本体へは保存しても消えてしまうので別な端末でダウンロードしておいた方が無難です。

インストール手順

Windows10インストールメディアとして作成して置いたUSBメモリをE200HAに刺し電源ボタンを押した後「F2キー」を連打しBIOS画面を起動します。

起動したBIOS

USBからのBOOTを優先させる

BOOTタブへ移動し、Boot_Option_#1がWindowsインストールメディアとして用意したUSBメモリの名称になるよう設定します。

もしUSBメモリが「#2」側に表示されている場合はカーソルを移動しスペースキーを押して#1へ繰り上がるよう操作します。

操作が済めばBIOS設定を保存しPCを再起動すればWindowsのインストールプログラムがUSBメモリから読み出されセットアップメニューが表示されます。

キーボード等の選択画面

メニューの移動はTABキー選択はカーソルキー、ライセンス条項などのチェックボックスの入力にはスペースキーを利用しました。

Windowsのインストールは他のパソコンと変わりありませんが、自動でデジタル認証されるのでプロダクトキーは必要ありませんでした。

セットアップを始めています

Windowsのセットアップが始まった画面

ドライブパーテーションの画面

インストール場所の選択画面では全てのパーティションを削除しました。

個人的な見解ですが、32GBマシンにはリカバリー領域など残っている必要すらありません。その代わり使用したメディアを大切に保管しておくことにします。

インストールが開始された画面

必要な操作が済めばインストールが終わるまで待ちます。

やや待ち時間後にログイン設定などを行いインストールが終了すれば無事WindowsOSの復活です。

ここまで、なんとかマウスなしでインストールを完了できましたが、Windowsが起動してからは何らかのポインティングデバイスがないとストレスを感じますので使用したUSBメモリは早めに抜いてしまった方が良いでしょう。

ちなみにキーボードなしのマウスだけだと、PC(ユーザー)名の入力などで躓きそうです。

なお、この方法は兄弟機のX205TAでも実践できるのではと考えますが機会があれば実践してみたいと思っています。

復活したWindowsノートPC

復活したWindowsのデスクトップ

Windows10のインストールが済めば、やや時間をおいてドライバをインストールする前にキーボードとタッチパッドが使用可能になります。

ASUS_E200HAの関連ドライバ

後で機能に不足があっても困るので、予めダウンロードしておいた二つのプログラムのセットアップを実行しておきました。それぞれセットアップの完了ごとに再起動が必要。

Windowsマシンとして復活したASUS_E200HAは、思った以上に快適に動いてくれています。

前の持ち主が何を目的にUbuntuを入れたのか知りませんが、コアなLinuxファンでない限りは薄型軽量ノートにUbuntuの組み合わせにメリットは感じられません。

WindowsやMacだけが使える固有のアプリなども存在しますし、Ubuntuを導入するメリットがあるとすれば「最新版インストールできたぜ!」とかいった達成感くらいなものでしょう。

何はともあれ無事に本来のシステムへ復元できたE200HA。価格がお手ごろだっただけに得した気分になれました。薄型軽量マシンE200HA普段使いでも活躍してくれそうです。