タッチパネルが壊れたAndroidスマホでのロック解除

スマホのバッテリー交換作業の途中でタッチパネルを破損してしまうという事故が発生しました。

このタッチパネルの上半分が反応せずロック解除パターンが操作できない状態のAndroidスマホ(ZenFone3_Z017DA)にUSBマウスを接続したところロック解除ができました。

使用したのは、パソコン用のUSBマウスとmicroUSBをタイプAに変換できるアダプタです。

指リストパターンを何度も間違えると

Android端末の指リストパターンを忘れた場合、わざと5回続けて違うパターンで操作をするとGoogleアカウントのパスワードでロック解除が出来るという情報がありましたが、それはAndroidOSのバージョンがかなり古い端末での話で現在では通用しないテクニックのようです。

今回、上半分の画面操作ができなくなってしまったZenFone3のOSバージョンはAndroid8でした。

あと6回失敗でデータ消去

一定回数を超えた時点の警告画面

一定回数間違えるとアカウントの入力画面が出るのかと思いきや、そう甘くはありませんでした。

間違いを数十回繰り返した頃には、次のロック解除パターンを描くことが出来るようになるまで時間がかかるようになり、ついにはデータ消去する旨の警告表示がでてしまう始末です。

こうなると液晶パネルを交換するしかなさそうですが、話に聞くと液晶が割れてしまったスマホにマウスを接続したらロック解除ができたという話を聞きます。

ちょうどUSBマウスを接続できる環境があったので試してみることにしました。

マウスを接続したAndroidスマホ

ZenFone3のデータにはバックアップしていない画像データなどが残っており、こういった状態に陥ってしまうとつまらない画像でもできれば取り出したい気持ちになります。

MicroUSBからタイプAへの変換

アダプタを使いUSBタイプCからタイプAへ変換

そんな、藁にもすがる思いで取り出してきたのがAndroidスマホにあるmicroUSBをUSBタイプA(雌)へ変換するためのアダプタです。

この機器は、WindowsタブレットにUSBメモリを接続するときなどに使用しますが、普段はあまり出番がありません。

なお、ZenFone3は端子形状がタイプCなので、USBタイプCをmicroUSBへ変換するアダプタを介しての接続になります。

マウスを繋いだスマホ

こうしてみるとスマホに有線マウスの組み合わせは甚だ違和感ありですが、Bluetoothマウスではロック解除が済んでからでないとペアリングは無理でしょう。

起動画面でマウスポインタが表示される

当初、USBマウスを接続してみてはとの話を聞いたとき、マウスを認識できてポインタが表示されるのはOSの起動が完全に済んでいるスリープ状態の場合に限るのではないかと疑っていました。

そうは言っても、液晶パネル交換は費用もかかるし難易度が高そうなので、本体データの復元だけであればマウス接続は試してみる価値があります。

マウスポインタが表示されたスマホ

マウスポインタが表示されたロック解除画面

実際に電源ONからの起動画面でマウスを接続してみたところ、しっかりマウスポインタが表示できました。

AndroidOSでは、電源を投入後にロック解除前に時点でUSBマウスが使用可能なようです。

無事解除後にデータをPCへ移動

マウスでのロック解除パターン操作は、開始ポイントで左クリックしながら(ボタンを押したまま)画面を設定してある軌跡通り操作すればOKです。

こうして、無事スマホのロック解除が済んだところでPCへUSB接続して本体データをPCへ移動しました。

こういった手間がかからないようにするには画像データは普段からクラウドとシンクさせておけば良いのですが、いかんせん画像データは重すぎます。

microSDへの保存という手もありますが、これは端末を紛失してしまったときのことを考えると何かと心配ですね。

今回の例から、Androidではタッチパネルが不良になったときでも有線マウスを接続できれば再起動からロック解除が可能な場合もあるということがわかりました。

しかし、バッテリーの載せ換えが済んでいるZenFone3もこのままではもったいないので、たぶん液晶パネルの交換までしてしまいそうです。

ポメラDM10のパスワード解除【全データ消去】

当ブログを書き始めてからジャンク品ネタはパソコンをメインに扱ってきましたが、今回の記事はテキスト入力マシンのキングジム_ポメラについてです。

DM10はポメラの中でも初期の頃のモデルになります。画面の視認性は最新型に劣りますが本体のコンパクトさは歴代モデルの中で最も優秀です。

フリマアプリでこのキーボード折り畳み式ポメラDM10を見ていたらパスワードがかかった物が安く出品されていましたので購入し解除してみることにしました。

パスワード不明のpomeraDM10を入手

元の持ち主はパスワードを忘れてしまったか、あるいは出品にあたりパスワードの削除方法が分からなかったのでそのまま出品したかのどちらかと思われます。

ちなみに中古のDM10やDM20のほとんどはケース表面が加水分解によりベタベタしていると思って良いでしょう。

DM10のキーボードを展開した画像

ポメラDM10のパスワード解除法はマニュアルには記載されておらず。メーカーが使用するサービスモードにて行うことになります。

パスワード入力画面

ポメラのパスワード要求画面

そのため、個人で行う場合は完全な自己責任のもと実施することになり当サイトはもちろんのことメーカーでの保障を受けることが出来ません。また、パスワードをクリアすると本体のデータは完全に消去されます。

サービスモード(SelfTest)を起動

本体の電源が入っていない状態で、キーボードの「S」と「T」を同時に押しながら本体裏のリセットボタン(小さな穴)を押します。

SelfTestが表示された画面

電源が入り「JB00_SelfTest」という画面が表示されます。(JB00はバージョンによりJB01だったりします)

なお、画面下に表示されている文字はファームウェアのバージョンのようです。

10番を選択

このDM10では画像のように12個のメニューが表示されますした。このうち10番の「Factory_Init」メニューを反転させ「enter」キーを押して次に進みます。

機種やファームウェアによって「Factory_Init」は10番以外の場所にあるので確認が必要です。12番の「Power_Off」を選択すれば何もせず電源をオフにできます。

Factory_Initに進んだ後は1番のInit_UserSettingを選択し実行します。

実行中は「Init_UserSetting_Start…」、「Init_UserSetting_End」の順に表示が切り替わったところで初期化が完了します。

これで本体が完全に初期化され同時にパスワードが解除されます

あとは「esc」キーを押してメニューを2つ戻り12番を選択して電源を切り終了します。

なお、最初のメニューで「Factory_Init」を選択した後の操作はファームウェアにより若干異なります。

初期化終了の画像

初期化完了時に上の画像が表示されるバージョンも存在します。

pomeraはデータも含め完全に初期化

初期化が完了した画面

「SelfTest」メニューによりパスワードが初期化されると電源投入後に新規テキスト作成画面が表示されます。

このとき、登録した単語や現在時刻などの設定はすべてリセットされてしまっています。

パスワードの解除はデータの損失を伴う危険な作業ですので注意が必要です。

ZenFone3バッテリー交換【ZE520KL】失敗報告

2年ほど使用してきたZenFone3ですが、ここのところバッテリーの減りが早いように感じたのでバッテリーを交換してみることにしました。

今回記事にした作業は、このブログを書き始めて初の失敗作業です。
タッチパネルの上の方が反応しなくなってしまいました。

端末の分解作業は様々な危険を伴うほかデータの消失に至ることもあります。バッテリー交換はバックアップを行ってからメーカーなどの専門業者へ依頼しましょう。

使用するバッテリー

PCいじりには慣れていますがスマホのバッテリー交換は初めてでしたので、関連する簡易工具みたいなものがセットになった物を小運ひゅうしてみました。

ZE520KLと交換用に準備したバッテリー

ZenFone3と交換バッテリー

正直、最新モデルのZenFone5がもう一回り小さければバッテリー交換なんかしないで素直に機種変更したところです。

バッテリー交換作業

作業を行った機種はZenFone3_ZE520KLです。

交換の手順はケース背面のパネルをはがしてバッテリーを入れ替えた後に再び背面のパネルを接着させるというものですが、初心者にはハードルが高い作業に感じました。

SIMカードを抜き取る

まずはSIMカードとマイクロSDが入ったトレーを引き外します。

注意点その1_液晶パネルへのダメージ

バッテリーとセットになっていた工具にスマホの表と裏を吸盤で密着させる手法でケースを開ける工具が付いていましたが、ZenFone3には使用しない方がよいかもしれません。

吸盤工具の画像

スマホのケースを開けるための専用吸盤

付属の吸盤ペンチみたいな工具をZenFoneに使用すると接着が弱い液晶パネル側に力が加わりタッチパネルの表面が歪んでしまいます。(表の液晶パネル側は隙間が出来るけど背面は接着が強くはがれる気配なし)

私のZenFone3はおそらくこれが原因でタッチパネル不良に陥ったものと考えられます。

このように素人のバッテリー交換にはリスクが付きまとうので、どうせなら、背面のパネルを少し浮かせるために多少の傷を覚悟で精密ドライバーを継ぎ目に差し込んでやるのも手かもしれません。

ピック状の工具を背面パネルに挟む

僅かに開けた隙間にピック状の工具を刺す

いずれにしても、吸盤を使う場合は背面だけに密着させ薄いプラスチックの板のような物を隙間に入れる切っ掛けを作ります。

画像はバッテリーに付属してきたギターピックのような物ですが、これを入れ込んだ場所からゆっくり一周させて一周させます。
このとき、SIMトレー側のサイドには細いアンテナ線があるので注意します。

注意点その2_指紋認証モジュール

背面カバーが外れたZenFone3

背面のプレートを上手くはがすことができると画像のようにバッテリーが現れます。

新しいバッテリーを重ねてみる

画像は新しいバッテリーを重ねてみたところですが、コネクタの場所はカメラモジュールを囲んでいる黒い樹脂プレートを外すなり浮かすなりしないとアクセスできません。

指紋認証モジュールのケーブル

丸で囲んだ部分に細いケーブルがある

実はこの樹脂プレートがトラップのような仕掛けになっていて、気づかずに外そうとすると指紋認証モジュールにつながる細く短いフラットケーブルが千切れてしまいます。

黒い枠を外す際は中央付近にある指紋モジュールのコネクタを先に外す必要があります。

外れたばってりーのコネクタ

今回は、指紋認証のケーブルを外して樹脂プレートを少し浮かせた状態でバッテリーのコネクタを外しました。

本体からバッテリーを取り出す

接着してあるバッテリー

外す際にバッテリーを傷つけると危険なので柔らかい工具が必要

コネクタが無事外せれば、いよいよ古いバッテリーをはがすことができますが、バッテリーの裏には太いフラットケーブル通っているのでここも要注意です。

純正バッテリーは2本の両面テープで固定されていました。

本体から取り出したバッテリー

本体と分離できた古いバッテリー

このように古いバッテリーの取り出しが済んだらあとは新しいバッテリーを設置して蓋(背面パネル)をするだけですが、コネクタを接続する前に新しいバッテリーを両面テープで固定してしまうと上手くコネクタがはまらなかったりするのでテクニックが必要です。

先に書いたとおり、バッテリーを装着したところでテストで電源投入してみたのですがタッチパネルを痛めてしまったようでZenFone3は代替えのタッチパネルが届くまで背面を開けた状態でしばらく放置することになりました。

データのバックアップを取っていなかったので、googleアカウントでも復活できない一部のデータを救出したいので捨てるわけにも行かず中途半端な状態が数日継続することになります。

スマホバッテリーのコネクタ

スマホを持ち歩かず過ごすわけにも行かず新しい端末を購入することになった今回のバッテリー交換ですが、自分としては貴重な体験でしたのでバッテリーのコネクタの画像などを記録しておきました。

精密なバッテリーコネクタ

このコネクタは肉眼では構造が見極めにくいほどの小ささで、取り外しは簡単にできますが接続するのにもややコツが必要でした。

なんとも中途半端になってしまった今回の訳ありレポートですが、たまにはこんなこともあるかなといったところです。
むしろ今まで失敗が少なかったと思って諦めることにします。