折りたたみキーボード買ったらジャンク品だった【BSKBB15BK】

折りたたみ式のキーボードに興味があったので試しに中古品を買ってみました。

普段、ブログ更新の下書きに使うためポメラを持ち歩いていますが、荷物がもっと軽量にならないかと思いつい のが小さく折り畳んで持ち歩きができるBluetoothキーボードでした。

ケース付きのBluetoothキーボード

購入したのは、Buffaloの二つ折り式キーボードBSKBB15BK。

近くの中古品店でたまたま見かけたので購入することにしました。

キーボードが入ったケース

この中にキーボードが入っている

BSKBB15BKは樹脂製のケースに入っています。

ケースから取り出したkeyboard

使用時にはケースから取り出して二つ折りの本体を広げて使用するスタイル。

microUSBポートと電源スイッチ

本体側面には充電用のmicroUSBと電源スイッチが配置されています。

Bluetoothスイッチ

裏にはブルートゥース接続時に使うのスイッチも付いています。

このBSKBB15BKは、最近まで似たような形の後継機種がでていたようですが、まあ新しい製品とは言えないほどの仕様です。

キーボードだけ持ち歩けるというメリットの割にケースを含めた重量は思ったよりありました。

移動中の新幹線で試してみる

はたしてモバイル専用キーボードの使い心地はどれほどのものか、まずは新幹線の中で使ってみます。

座席で広げた折り畳みキーボード

列車の座席で使用できる簡易テーブルにキーボードを広げてみました。

置く側においてあるのがケースです。

キーピッチは気になるほど狭くはありませんが、中央のヒンジ部分がきっちり左右に分かれているのが気になります。

実際は慣れてしまえば問題ないようですが、普通のキーボードとは少々勝手が異なることでしょう。

スマホと大きさ比較

手元のスマホ(ASUS_Zemfone3)を上に載せてみると、ちょうどスマホ2台分の大きさより少し大きい程度です。

スタンドにできるケース

付属のケースは、このように目一杯開ききるような形にしてスタンドとして使用します。

スマホへ接続して入力

いよいよスマホで使ってみることにしますが、Zenfoneはカメラ用に使用するので、別のスマートフォンを立ててみました。

スマホへ入力中

ペアリング操作はそれほど難しくもなく簡単に済みます(操作方法は簡単ですが接続は不安定)。

キーボードのうち心地はノートパソコンほど快適ではありませんが、まあまあ文字を打つのには使える程度です。

キーボードを接続しているのに画面にもキーボードが表示されていますが、これはスマホ側のシステムが対応していなかったためで、後にアップデートで解消されています。

それより、この中古キーボード。
ジャンク品としてではなく普通の中古品として購入したものでしたが、特定のキーがときどき打てなくなります。

殆どのキーは問題なく打てるので、特定のキーだけとなるとキーボード自体の機能不良が疑われます。

接続が不安定な中古品

接続エラーの表示

新幹線の中では接続に成功していましたが、画像のような接続エラーが頻繁に発生します。

表示内容は「PINまたはパスキーが正しくないため、BSKBB15をペアに設定できませんでした」となっていました。

製品名がBSKBB15と表示されているのでデバイスは検出できているようですが接続できない原因は別なところにあるようです。

せっかく買った中古Bluetoothキーボードでしたが、こんな表示が頻繁にでては使い物になりません。

特殊な機能を持つ製品で、しかもキーボードですから売値を考えるといちいち細部の検証まではしないのは納得いきますが、本来ならジャンク品扱いで販売して欲しい商品でした、。

店に返品するにも、不良品であることを立証する手間と購入価格(約1,000円)を考えても面倒なのは確かです。

この手の、二つ折りキーボードの仕様は実体験することができたので、次に別な製品を購入する際の検討材料になったんだと今回の事態を受け入れることにします。

ということで、今回のBSKBB15ブルートゥースキーボード。不良品ではなく普通に使えたとしてどうだったかと言えば、折り畳んだ状態での大きさと重量がやや不満でした。

それから、折りたたみの境にあたる部分がストレートに分かれている点はやはり個人的には評価が低くなります。

モバイル用途ですので、サイズが小さくなるのは仕方ありませんがキーの配置はできるだけ通常のキーボードの配置に近づけて欲しいものです。

タッチパネルが壊れたAndroidスマホでのロック解除

スマホのバッテリー交換作業の途中でタッチパネルを破損してしまうという事故が発生しました。

このタッチパネルの上半分が反応せずロック解除パターンが操作できない状態のAndroidスマホ(ZenFone3_Z017DA)にUSBマウスを接続したところロック解除ができました。

使用したのは、パソコン用のUSBマウスとmicroUSBをタイプAに変換できるアダプタです。

指リストパターンを何度も間違えると

Android端末の指リストパターンを忘れた場合、わざと5回続けて違うパターンで操作をするとGoogleアカウントのパスワードでロック解除が出来るという情報がありましたが、それはAndroidOSのバージョンがかなり古い端末での話で現在では通用しないテクニックのようです。

今回、上半分の画面操作ができなくなってしまったZenFone3のOSバージョンはAndroid8でした。

あと6回失敗でデータ消去

一定回数を超えた時点の警告画面

一定回数間違えるとアカウントの入力画面が出るのかと思いきや、そう甘くはありませんでした。

間違いを数十回繰り返した頃には、次のロック解除パターンを描くことが出来るようになるまで時間がかかるようになり、ついにはデータ消去する旨の警告表示がでてしまう始末です。

こうなると液晶パネルを交換するしかなさそうですが、話に聞くと液晶が割れてしまったスマホにマウスを接続したらロック解除ができたという話を聞きます。

ちょうどUSBマウスを接続できる環境があったので試してみることにしました。

マウスを接続したAndroidスマホ

ZenFone3のデータにはバックアップしていない画像データなどが残っており、こういった状態に陥ってしまうとつまらない画像でもできれば取り出したい気持ちになります。

MicroUSBからタイプAへの変換

アダプタを使いUSBタイプCからタイプAへ変換

そんな、藁にもすがる思いで取り出してきたのがAndroidスマホにあるmicroUSBをUSBタイプA(雌)へ変換するためのアダプタです。

この機器は、WindowsタブレットにUSBメモリを接続するときなどに使用しますが、普段はあまり出番がありません。

なお、ZenFone3は端子形状がタイプCなので、USBタイプCをmicroUSBへ変換するアダプタを介しての接続になります。

マウスを繋いだスマホ

こうしてみるとスマホに有線マウスの組み合わせは甚だ違和感ありですが、Bluetoothマウスではロック解除が済んでからでないとペアリングは無理でしょう。

起動画面でマウスポインタが表示される

当初、USBマウスを接続してみてはとの話を聞いたとき、マウスを認識できてポインタが表示されるのはOSの起動が完全に済んでいるスリープ状態の場合に限るのではないかと疑っていました。

そうは言っても、液晶パネル交換は費用もかかるし難易度が高そうなので、本体データの復元だけであればマウス接続は試してみる価値があります。

マウスポインタが表示されたスマホ

マウスポインタが表示されたロック解除画面

実際に電源ONからの起動画面でマウスを接続してみたところ、しっかりマウスポインタが表示できました。

AndroidOSでは、電源を投入後にロック解除前に時点でUSBマウスが使用可能なようです。

無事解除後にデータをPCへ移動

マウスでのロック解除パターン操作は、開始ポイントで左クリックしながら(ボタンを押したまま)画面を設定してある軌跡通り操作すればOKです。

こうして、無事スマホのロック解除が済んだところでPCへUSB接続して本体データをPCへ移動しました。

こういった手間がかからないようにするには画像データは普段からクラウドとシンクさせておけば良いのですが、いかんせん画像データは重すぎます。

microSDへの保存という手もありますが、これは端末を紛失してしまったときのことを考えると何かと心配ですね。

今回の例から、Androidではタッチパネルが不良になったときでも有線マウスを接続できれば再起動からロック解除が可能な場合もあるということがわかりました。

しかし、バッテリーの載せ換えが済んでいるZenFone3もこのままではもったいないので、たぶん液晶パネルの交換までしてしまいそうです。

ポメラDM10のパスワード解除【全データ消去】

当ブログを書き始めてからジャンク品ネタはパソコンをメインに扱ってきましたが、今回の記事はテキスト入力マシンのキングジム_ポメラについてです。

DM10はポメラの中でも初期の頃のモデルになります。画面の視認性は最新型に劣りますが本体のコンパクトさは歴代モデルの中で最も優秀です。

フリマアプリでこのキーボード折り畳み式ポメラDM10を見ていたらパスワードがかかった物が安く出品されていましたので購入し解除してみることにしました。

パスワード不明のpomeraDM10を入手

元の持ち主はパスワードを忘れてしまったか、あるいは出品にあたりパスワードの削除方法が分からなかったのでそのまま出品したかのどちらかと思われます。

ちなみに中古のDM10やDM20のほとんどはケース表面が加水分解によりベタベタしていると思って良いでしょう。

DM10のキーボードを展開した画像

ポメラDM10のパスワード解除法はマニュアルには記載されておらず。メーカーが使用するサービスモードにて行うことになります。

パスワード入力画面

ポメラのパスワード要求画面

そのため、個人で行う場合は完全な自己責任のもと実施することになり当サイトはもちろんのことメーカーでの保障を受けることが出来ません。また、パスワードをクリアすると本体のデータは完全に消去されます。

サービスモード(SelfTest)を起動

本体の電源が入っていない状態で、キーボードの「S」と「T」を同時に押しながら本体裏のリセットボタン(小さな穴)を押します。

SelfTestが表示された画面

電源が入り「JB00_SelfTest」という画面が表示されます。(JB00はバージョンによりJB01だったりします)

なお、画面下に表示されている文字はファームウェアのバージョンのようです。

10番を選択

このDM10では画像のように12個のメニューが表示されますした。このうち10番の「Factory_Init」メニューを反転させ「enter」キーを押して次に進みます。

機種やファームウェアによって「Factory_Init」は10番以外の場所にあるので確認が必要です。12番の「Power_Off」を選択すれば何もせず電源をオフにできます。

Factory_Initに進んだ後は1番のInit_UserSettingを選択し実行します。

実行中は「Init_UserSetting_Start…」、「Init_UserSetting_End」の順に表示が切り替わったところで初期化が完了します。

これで本体が完全に初期化され同時にパスワードが解除されます

あとは「esc」キーを押してメニューを2つ戻り12番を選択して電源を切り終了します。

なお、最初のメニューで「Factory_Init」を選択した後の操作はファームウェアにより若干異なります。

初期化終了の画像

初期化完了時に上の画像が表示されるバージョンも存在します。

pomeraはデータも含め完全に初期化

初期化が完了した画面

「SelfTest」メニューによりパスワードが初期化されると電源投入後に新規テキスト作成画面が表示されます。

このとき、登録した単語や現在時刻などの設定はすべてリセットされてしまっています。

パスワードの解除はデータの損失を伴う危険な作業ですので注意が必要です。