ブートローダー用SSDを交換する【KingDianSSD:8GB】

以前記事に書いたように、中古のマザーボードでBIOS非対応のNVMeSSDを起動ディスクとして利用するため、ブートローダー専用に2.5inchのSSDを使用しています。

PCを起動する→2.5inchSSDのブートローダーでWindowsが入っているNVMe_SSDをOS起動ドライブに指定→NVMe_SSDからWindowsOSを起動。

こうした仕組みでWindowsを起動させる構成になっています。

使用する8GBの2.5インチSSD

ブートローダー用SSDは32GBの容量のものを使用しましたが、NVMeのSSDを起動させるだけの役目です。もっと容量が小さめのSSDで事足りるので8GBのSSDへ交換することにしました。

・参照:中古マザーボードASUS_P8B75-MでM.2_NVMeSSDからOS起動【IvyBridge_Core_i5】

この記事で使用している起動用SSDを交換します。

そんな訳で、SATAインターフェイス対応の手頃な低容量SSDを探しましたが、16GBのSSDでは価格が32GBとそう変わりありません。

ケースに入った8GBのSSD

8GBはもう需要がないようで、良さそうなものは中古も新品も見あたりません。

そんななか、低容量のSSDを探しているとネットオークションに神様のような出品者さんがいらっしゃいました。

ケースから出したKingDianSSD:8GB

現在使用しているのと同じKingDianのSSDで8GBの未使用品を落札させていただくことができました。

ブートローダーのコピー

2.5inch外付けUSBケース

クローン作成のため外付けケースへ

使用しているブートローダーは、CloverUEFIBootloaderですが、これをクローン作成で有名なEaseUSTodoBackupを使ってコピーします。

Windowsシステムのクローン化と同じモードが使えるのかと思っていたら、コピー元をWindowsがインストールされたパーテーションしか選択できない仕様でしたので、パーテーションのコピーを作成するモードを使用しました。

コピー元ドライブ

コピー元のドライブで32GBSSDを指定

コピー先に8GBのSSD

コピー先には8GBのSSDを指定

オプションを設定

このSSDはPC起動時に一瞬アクセスするだけで見てわかる通り数10MB程度しか使用しませんが、一応「SSDに最適化」のオプションを選択しました。

完了画面

SSDからSSDでデータ量も少なく1分もかからずに完了

なぜかコピー先の8GBSSDのドライブ文字がA:になりました。フロッピーディスクを連想してしまいます。

SSDの交換作業

自作パソコンの3.5inchベイ

パソコンから取り出した3.5inchベイ

パソコンから3.5inchベイを取り外し、SSDを入れ替えます。

容量が異なるKingDian_SSD

容量が異なる二つのKingDian_SSD「S100」

二つのSSDは容量が異なるだけで全く同じケースだと思っていたら、8GBのほうには表の角にねじ穴が4カ所ありました。

ネジを4本外すと内部を確認できそうです。

ちなみに、どちらも白いケース部分は樹脂製です。

赤く光るSSDのLED

SSDに内蔵されたLEDが赤く光る

8GBのSSDに入れ替えたあとPCを起動してみると、このSSDは横にパイロットランプ用に赤いLEDがついていて電源が入っている間は点灯し続けているようです。

アクセスランプの役目は果たしていないようで点きっぱなしでした。

WindowsOSの起動

肝心のOS起動については、問題なくNVMe_SSDからWindows10が起動できました。そして、どういう訳か8GBのものに交換してからOSの起動が早いです。

Winodwsの起動画面の数珠のような白玉の回転がないままデスクトップが表示されました。

ブートローダーをイジるというのは、鬼門というイメージがありますがなんのトラブルもなくパーテーションのコピーをしただけで済んだのは簡単すぎて拍子抜けするほどです。

今、この記事の仕上げに使用しているのも8GB2.5inchSSDとNVMeSSDの組み合わせシステムで運用しているこのPCです。この使い方は8GB低容量SSDの利用方法としては有効な使い道とも言えるでことしょう。

8GBでは、今どきでは個人用途でインストールするLINUXでも厳しくUSBメモリのようなサイズです。

NVMeのSSDは、まだまだシェアが狭いようでもあります。この先も2.5インチSSDが主流の状態が続くようなら今回のような作業はこの先も不要かもしれません。

この使い方がSSDとして極例外的であるのは事実ですが、一度セットアップが済んでWindowsが起動可能な状態になれば使用に問題はないため、このシステムをしばらくは使い続けることになりそうです。

レアなトイレの忘れ物は「しそ巻き」だった

とある家電店のトイレを使用した際に窓枠に置き忘れてある食べ物っぽい品を見つけました。

食べたことがある人には、この忘れ物が食べ物だと分かると思いますが、お口にしたことがない方にとっては正体不明なものでしょう。

トイレに謎の忘れ物

一見何だか想像できないモノは、よく屋台で「焼きそば」や「お好み焼き」なんかが入っている透明なパックに入っていました。

窓枠に置かれたしそ巻き

実はコレ、しそ巻きと呼ばれる食べ物です。

作る過程で加熱をするためか、表に巻いてあるシソの部分が黒ずんてみえるので余計に怪しく見えます。

場所がトイレだけに、ひょっとして不衛生なものかと疑ってしまいますね。甚だワケありなものかとも想像してしまいます。

正体は「しそ巻き」意外にしょっぱい

しそ巻きはこの辺(南東北)の地域で食べられる食べ物ですが、人によってはほとんど口にしない珍しい存在かなと思っています。

スーパーで買った「くるみしそ巻き」

スーパーで売っていた「くるみしそ巻き」

忘れ物は、そのまま放置してしまいましたが、しそ巻きの味を思い出してしまって、先日スーパーで販売されていた「くるみしそ巻き」というのを買ってみました。

皿に移した「しそ巻き」

あのパックの中身はコレと同じシソ巻き

たぶん、このクルミが入っていしそ巻きは珍しいもので、ラベルを見ると山形県米沢市の業者(やはり南東北)が製造したものです。

しそ巻きを食べるのは久しぶりでしたが、味が「しょっぱく」感じました。

しそ巻きの外見は「おつまみ」ですが、一口食べるとご飯がほしくなる食べ物です。しかもおかわりしたくなります。

なぜトイレに「しそ巻き」

忘れ物が置いてあった窓

しそ巻きが置いてあった窓

さて、トイレにあった「しそ巻き」ですが、あれを持って店員に届けるのも何だか引けたので止めておきました。

あの、中身が分からないパック入りの物を持って他人に近づく行為すら怪しいものです。

それにしても、どうしてこんな物がトイレにあるのでしょう。

思うに、何処かで買ったか貰ったかわかりませんが食べ物をバックなどに入れずに裸で持ち歩くことは酔っぱらいでなければできないことですし、これは好き嫌いの激しい人が貰った「しそ巻き」を故意にトイレに起き去ったと考えられます。

普通に考えて食べ物をそのまま持ってトイレに入ることはそうそう考えにくいですし間違いないでしょう。

しそ巻きは好みによりますが、この味が好きだという人は結構いると思います。

私などは、こうしてお金を出して買ってきたほどですし、そう考えると勿体ない話ですね。

NB100の内蔵ドライブをSSD化

ジャンク品扱いで購入した東芝のネットブックNB100ですが、現行OSをインストールするため少しでもパフォーマンスを上げる策として内蔵ドライブをSSDへ換装することにしました。

使用したのはPLEXTORのPX-128S3CというSSDです。

既存のドライブを取り出すための分解作業

このノートパソコンは以前にmSATA_SSDを増設した「PC-BL300/TA6」などと違いメモリ交換は簡単ですがHDDの交換は難易度が高い機種です。

PC裏のねじを外す

作業はまずNB100を裏返しにしてバッテリーを外した後にネジを外します。

フラットケーブル用コネクタ

キーボード交換の時と同じ要領でキーボードを外して行きます。フラットケーブルが千切れないように慎重に行いました。

モニタケーブルの取り外し

この機種は、HDDへのアクセスに液晶パネルをヒンジごと外す必要があります。

モニタ用のコネクタを外す

モニタ用のコネクタを丁寧に外します。

モニタ側の配線

配線についている差し込む側の形状

マザーボード側のコネクタ

マザーボード側のコネクタ

細いケーブルと無線LANカード

細いケーブルと無線LANカードも外したところ

モニタに伸びているもう一本の細いケーブルと無線LANカードを外した後に固定ネジを取ればモニタが外れます。このときに右手前にあるタッチパッド用フラットケーブルを外しておいたほうが安心です。。

写真では、まだ接続されたままですがパームレスト部分を外す際に繋がっていると誤って破損する恐れがあり危険ですので忘れないよう外します。

マザーボードへのアクセス

NB100のマザボ

NB100のマザーボード

液晶モニタをヒンジごと外した後に、キーボード下に隠れていたネジも取り外せばマザーボードへアクセスできます。

使用するSSD【PLEXTOR_PX-128S3C】

東芝製MK1652GSX

さすが、東芝製のパソコンです。東芝製のHDD【MK1652GSX:160GB】が使用されていました。

この2.5inchHDDをSSDに変更します。

PX-128S3C

表側にはPLEXTORとだけ記載があります

用意したのはPLEXTORのPX-128S3CというモデルのSSD、パッケージには「S3」と書かれていました。

PX-128S3Cの裏側

写真を撮るためにマザボの上に載せていますが、左のハードディスクがあったスペースにコネクタを手前にして取り付けました。

このあと、元通りに組み立てBIOSでも正常に認識されることを確認しています。

128GBのSSDをNB100に使うのは少しもったいないような気がしますが、近くのPCパーツ店で入手できたSSDでは、これが一番手ごろな価格でした。

このNB100は、SSDへ換装後にしばらくLINUXをインストールしていましたが、その後Windows10を導入しています。