VersaPro_VK22E/R-BのCPU交換【PC-VK22ERZCB:VR-B】

数年前のCeleron搭載のノートPCと言えば動作にやや不満を感じます。現行のCeleronマシンは結構マシな動きをするなどとも聞きますが手に入れるのが中古ばかりなのでわかりません。

NECのVersaPro:VK22ER-BもそんなセレロンCPU搭載マシンですが、薄型の筐体ではないため見たところCPUの換装が可能なようです。

可能ならばCPUを上位のものへ交換し、事務用PCとしてしばらく使い続けてみたいものです。

なお、当記事のようにパソコンを分解または改造を行うとメーカー保証が受けられなくなるほか、発火などの事故が発生した場合も全て事故責任になり補償や賠償は一切受けることができなくなります。また、記事の内容は正確性を保証するものではありません。

VK22ER-Bのマザーに対応するCPU

対応可能なCPUを調べる前に困ったことに、NECのVersaProは型番がわかりづらいパソコンです。

ヒンジ内側の型番

キーボードの上にはVR-Bと書かれている

PC本体裏のラベルにはパーソナルコンピュータVK22ER-BとありますがメーカーサイトによればVK22E/R-Bが正確な型番のようです。

搭載済みCPU

搭載されているCPUはインテルCeleronプロセッサー900でクロック周波数は2.20GHzとなっています。

CPU交換前BIOS表示

対応ソケットはPGA478のようです。

選択したCPU【Core2DuoP8400】

実は今まで、メーカー製のPC、それもノート型のCPU換装は経験がありません。自作PCのCPUアップグレードならいくらでも経験がありますがノートPCのCPU交換は初めてです。

当然、Cleronなどという低スペックなCPUを触るのはSlot1でオーバークロックが楽しめた頃以降なのでほぼ未経験に近く、そんな低知識の私が選んだのはCore2Duo_P8400(2.26GHz)でした。

対応ソケットがPGA478であれば問題ないという単純な理由でしたが、実はCore2Duoの型番にPがつくシリーズはFSBが1066MHz(Celeron900は800MHz)なので無謀なんだとか・・。

CPUの作業

CPUクーラーが外れているVresaPro

CPUへのアクセスは簡単で、PCの背面にある2本のネジを外すだけです。場所はCPUクーラーからの排気口があるほうなのでわかりやすいです。

画像ではCPUファンを外した後です。

CPUファン

CPUクーラーはノートPCとしては一般的な形ですが、他のメーカーとはほとんど互換性がないパーツと考えて良いでしょう。

取り外したヒートパイプ

ノートパソコンの場合、ヒートシンクではなくヒートパイプパイプで良いのでしょうか、取り外したついでにファンの風が当たる部分に埃が多く付着していたので水洗いをしました。

Celeronの取り外し

ソケットに入ったCeleron900

ソケットの上に見える小さな黒丸の部分をマイナスドライバで回し既存のセレロンCPUを取り外します。左に見えるのはチップセットかと思われます。

このネジは、ゆるんでいるのかどうか感触がわかりません。こういうのもノートPCが扱いづらく感じるところです。

PGA478ソケット

CPUを取り外した後のソケットはこのような形をしています左下のピン穴が2本塞がっているのがわかります。

Core2Duoの取り付け

CPUを並べた画像

右がセレロンで、左がCore2DuoP8400です。

Core2Duoには、2次キャッシュが3MでFSBが1066であることの記載があります。

CPU裏のピンサイン

裏返しにすると、どちらがどのCPUなのか全く分かりません。

ということは、同じピン数で物理的にソケットに装着することこと自体は可能なことがうかがえます。

ソケットに入れたCore2Duo

Core2Duoをソケットに刺して先ほどの黒いネジを締めます。

グリスを忘れずに塗布したのを確認しヒートパイプを元通りにネジ4本で組み付けます。これは4カ所とも均等に締まるように丁寧にしっかり締め込みます。

ヒートシンクが付いたところ

元通りにクーラーを取り付けカバーを戻せば完成です。

果たして、動作するのかどうか電源を入れてみることにします。

BIOSで認識されたCPU

最初の起動ではOSの動作よりBIOS画面を確認したいので、例によって電源ボタンを押した直後にF2を連打します。

Core2Duoを認識できているBIOS画面

CPU Typeのところに、しっかりCore2Duoと表示されているのが確認できます。

その後、メモリを4GB×2枚の構成にして、Windows10のインストールを済ませることができました。

Core2DuoP8400が認識されたBIOS

本来のOSはWin7Proですが、Windows10Proをインストール後にOSでメモリ8GBを認識できています。

無事Core2DuoへCPUの交換を果たせたNEC_VersaProVK22ER-Bは、正直、実用レベルでまだまだ頑張れるパソコンとは言い難いですが、Windows10マシンを新規で購入するまでの代替えマシンとしてしばらくは活躍してくれそうです。

東芝NB100へWindows10をインストール

ジャンク品で3,000円で購入した東芝NB100は、キーボードを直し、SSD化とメモリ増設が済んだところでWindows10をインストールすることにしました。

このNB100は購入時にWindows10が既にインストールしてありましたが、ライセンス認証がされていない状態でした。

今回はHDDから換装済みのSSDへWindows10をインストールしライセンス認証をします。

インストール用メディアの作成

Winodwsのインストールには、マイクロソフトのメディアクリエーションツールを使用します。

インストールメディアは8GBのUSBメモリを使用しました。

CPUがAtomN270ですので32bitを作成しインストールにはProfessional_Editionを指定することにします。

他にプロダクトキーが必要ですが、これはWindows10を起動してみて実用可能であることを確認してからでも充分でしょう。

USBからWindows10のインストール

BIOSの起動デバイス設定

今回は、OSのインストール先が新品のSSDですのでインストールメディアのUSBメモリを刺してPCの電源を入れればインストールが開始されますが、既に別のOSがHDDにインストールされている場合はBIOSでUSBメモリの起動順位を1番上に設定する必要があります。

たとえば、既存のXPへWindows10を上書きしたいときなどはUSBからの起動を優先させる設定でOSインストーラを起動させ、途中の再起動時に再度優先順位を変更してSSDを1番にします。(または少々危険ですが再起動時にUSBインストールメディアをPCから抜いてしまう)

これをやらないと、再起動後に作業が振り出しに戻ってしまうため初回の再起動のあとはUSBではなくSSD(HDD)からPCを起動させる必要があります。

なお、NB100でのBIOS起動方法は電源ON時にF2キーを連打します。

NB100はインストール中に画面が不安定

いままで、WindowsOSのインストールでPCの挙動がおかしくなったというのを経験したことがありませんでしたがNB100は少し癖があるようでした。

NB100ではインストールの行程で何度か画面がブラックアウトします。他のPCでもあることですが、NB100は画面が黒く何も表示されない時間が長くて不安になります。

ディスプレイドライバのインストール

このままでは心配ですのでインストールが完了してから、東芝のサイトからダウンロードしたディスプレイドライバをインストールしました。

ディスプレイドライバアップデート起動

ダウンロードしたのは「031127_02.47.17.TC50051500A.exe」という実行形式のファイルです。

このドライバセットアッププログラムはWindows10でも使用できました。

BIOSのアップデート

このとき、一緒にBIOSアップデートプログラムも「204141_01.33.58.TC50035100D.exe」インストールします。

販売終了からかなり時間がたっている機種ですが、これらのツールがダウンロードできるのは非常にありがたいです。

BIOSアップデート起動

BIOSはできればXP環境が残っているうちにアップデートを済ませておいた方が良いでしょう。今回はXPが既に起動しない状態での入手でしたが、このアップデートプログラムもWindows10で動作が可能でした。

Windows10Proを導入後のネットブックNB100

Windowsのプロパティ画面

無事Windows10Proが起動できたNB100ですが、正直SSDを搭載したPCで動きがこれほどスローなものは珍しいといった印象です。

ある程度覚悟はしていましたが、それでも他のAtom搭載PCと比較して動きの鈍さは顕著でした。

東芝NB100はCPUがAtom_N270(1.6GHz)というスペックからWinodws10を導入した後の実用性という面では厳しいかと思いますが、テキスト編集マシンとしてなら期待できそうです。

NB100でメモリを2GB化

どのPCもこうだったら良いのにと思ってしまうほど簡単だったのがNB100のメモリ交換でした。

東芝のネットブックNB100は標準で1GBのメモリを搭載していますが、せっかく手にした程度の良いNB100ですので試しに2GB化に挑戦してみました。

標準の1GBメモリを差し替える

増設作業は、PC裏にあるメモリのフタを外してスロットに刺してあるメモリを2GBのものに交換するだけです。

既存の1GBメモリ

PC2-6400S-666

NB100の仕様によれば、使用されているメモリはPC2-4200(DDR2-533)ですが、実際にDIMMスロットに搭載されていたのはPC2-6400でした。これをスロットから外します。

最大容量も1GBとなっていますが、この手のネットブックは2GBまでは動くものが多いようです。

2GBメモリを設置

2GBのDDR667メモリ

使用したのはPC2-5300(DDR667)の2GBメモリです。

これをメモリスロットに差し込んでフタを元通りに閉じネジを1本閉めれば完了です。

NB100はメモリの空きスロットが無いので、メモリの増設はこのように既存の物を容量に交換する手法を採ります。

BIOSで表示を確認

NB100のBIOS画面

BIOS画面の表示は起動直後にF2キーを連打します。
画像は、OSインストール後にBIOSのアップデートを済ませバージョンが2.1になっています。

表示されたメモリ容量

表示されたメモリ容量は2048MBと増量されています。すでに換装済みの128GB_SSDも確認できました。

NB100のメモリ増設(交換)は、このように簡単なものですが、今となっては2GBに増設したところでCPUの動作速度が気になる機種ではあります。