メモリ増設時に発見したSSD用mSATAスロット【Lavielight_PCBL300/TA6W】

NECが発売していたLavieLight_PC-BL300/TA6Wはメモリ増設にあたって、その作業が非常に難易度の高い機種でした。

メモリは標準の1GBから2GBへ入れ替えを果たし容量アップには見事成功したものの、その交換作業で発見したmSATAスロットが使用可能かどうか気になってたまりません。

TC-SUNBOWというブランドのmSATA_SSD

こうして気になるままの空きSSDスロットですが、最近ではmSATA規格のSSDは価格も手ごろなですので搭載に挑戦してみることにしました。

SSDのパッケージ

TC-SUNBOWのSSDパッケージ

容量は32GBです。今では少ない容量として評価されますがメインマシンではないので問題ありません。

中身のSSDと固定用のねじ

2本で充分なネジが3本

mSATA_SSDの裏側

SSDのラベルを貼っていない方の面は、ご覧のようにすっきりしていています。

それにしても、この手の格安SSDは初めて耳にするようなブランド名を多く見かけますね。

mSATA_SSDの増設作業

メモリ増設の際には二度としたくないと思った分解作業ですが、あらたな目標により再びバラすことになりました。

二回目ですのでだいぶコツは掴めています。

BIOSの表示をチェック

作業に入る前にBIOSをチェックしておきます。

増設前のBIOSの画面

SSD増設前のBIOSメイン画面ではSSDの表示は見あたりません。

BIOSの起動順メニュー

起動順位を設定するメニューではSSDの表記があって、これがこれから増設するSSDにあたる項目のようです。

マザーボードの取り出し

NEC_LavieLight_PC-BL300/TA6Wのマザー

面倒だったマザーボードの取り出しを再度実行しました。

mSATAスロットの部分

ここが問題のスペースですが形状から判断してmSATAのソケットで間違いないでしょう。

SSDの取り付け

スロットへSSDを入れたところ

SSDを刺してみるとピッタリでした。付属のネジを使い固定します。

あとはもと通りに組み立てて行くことになります。

増設後のBIOSの起動

mSATA_SSDの増設前は電源投入時にF2キーを押してもBIOSメニューの起動に失敗することが多かった気がしますが、SSDを内蔵してからはスムーズにBIOS画面に入れる気がするのは気のせいでしょうか。

なお、こういった症状の場合は外付けUSBキーボード使ってみる手があるようですが効果のほどはハッキリしません。

BIOSで認識されたSSD

BIOSメニューでは、このようにSSDとして無事認識されました。

SSDの詳細

ここではまだ、2.5inchのドライブは外したままです。
詳細表示を見てみると総セクタ数と最大容量が表示されました。その下のにもいろいろ記載されていますが、このBIOSで設定を変えられるのは32ビットI/Oの部分だけでした。

BIOSでの起動順序の設定画面

mSATA増設前に確認した起動順序の設定項目には、「SSD:TCSUNMOW M1 32GB-(S3)」と認識されています。

OSのインストール

公式にはサポートされていないPC-BL300/TA6WでのmSATA使用ですが、BIOSで認識できているのでOSの起動もできそうです。
試してみることにしましょう。

CentOSインストール途中のメッセージ

OSには使い慣れたLinux(CentOS6)をインストールしてみました。

インストール途中のメッセージでは「ATA TCSUNMOW M1 32GB」という名称で認識されています。

その後、OSインストールも問題なく終了しましたが、インストールの過程でも感じたのが、HDDと速度があまり変わらない様子です。

気のせいかもしれませんが、普通の2.5inchのHDDをSSDへ変更したときのように体感できるほどの速度差というものが感じられません。

BIOSは最新バージョンでしたので、ハード面で対応できていない部分があるのかSSDの性能が低いのか原因はその辺だと思われます。

ただNEC_LavieLightの型番違いのモデルではmSATAが予め搭載されているモデルが存在しているので当時のスペックではこんなものなのかもしれません。

SSDを搭載したLavieLight_PC-BL300/TA6Wの魅力

私が所有しているマシンNEC_LavieLight_PC-BL300/TA6Wは、ネットオークションでジャンク品と思いこんで落札してみたら新古品に近い美品と言えるものでした。

2.5inchのSSDを刺しているPC

バッテリーを外すと2.5inchのドライブがネジ2本で入れ替えできる

この機種は2.5inchのHDDが分解せず交換できる機種ですので、Windowsの起動ドライブはすでにSSDへ換装済みになっています。

今では、スペック的に何かと事欠く小型のノートパソコンですが、SSDからのOS起動と安定した動作が確保できれば、そこそこ有能なテキスト入力マシンとしては役立ちます(かなり私的な価値観での話)。

そんな、軽量モバイルマシンのPC-BL300/TA6Wが内蔵で二つのドライブから起動可能であることは、特別な機能を持ったPCを所持しているような所有感に満たされます。

mSATA_SSDは、スロットの場所からして後からのメーカー側でカスタマイズを推奨している部分ではなく、起動ドライブとしての性能もイマイチなパーツですが、古いパソコンへ愛着を持たせるために行った自分なりのカスタムとしては充分に魅力的なものでありました。